WordPressで記事を投稿する方法

WordPressでブログの記事を投稿する方法を全7ステップで説明していく!

SPONSORED LINK


ここでは「まだWordPressをインストールしたばっかりで、どうやって記事を書けばいいの分からない」という人向けに、ブログの記事を投稿する方法を7つのステップで紹介していきます。

WordPressはHTMLやCSSといった専門知識なしでも使えるようになってるので、記事を書くのも難しくありません。

だけど、WordPress初心者の方は最初にどうやってブログを書いたらいいのかわかりませんよね。

そんな方は、これから紹介する以下の7つのステップを覚えましょう。

  1. WordPressの投稿画面を開く
  2. WordPressの投稿画面を設定する
  3. タイトルを入力する
  4. 本文を書く
  5. カテゴリーを決める
  6. アイキャッチ画像を設定する
  7. SEOの設定をする

これがWordPressでブログを書くときに必要な手順になります。

僕もブログを書くときはいつもこの手順で記事を作成してます。

全て画像付きで解説していきますから、しっかり覚えていきましょう!

SPONSORED LINK

1.WordPressの投稿画面を開く

まずはWordPressの投稿画面を開いていきましょう。

WordPressの管理画面に入り、左メニューの『投稿』から『新規追加』を選択してください。またヘッダー部分にある『新規』のボタンからも同じ画面を開くことができます。

WordPressの新規記事の投稿ページへ入る

 

これが新規投稿ページです。WordPressではいつもこの画面からブログの記事を書いていきます。

WordPressの新規投稿ページ

他でブログを経験したことのある人ならお気づきかと思いますが、タイトルを入力するところがあり、本文を書くところありと、他のブログサービスとほとんど変わりありません。

だけれども、WordPressだからこそできる高度な設定がたくさんあるんですね。

なので初心者からすると「なんだか設定するところがいっぱいあって大変そう!」と思われるかもしれませんが、ブログを書いているうちにこの画面の機能を全てを使いこなせるようになっていきますから、安心してください。

それぞれブログ記事を作るために必要な機能がありますので、役割を詳しく説明していきますね。

2.WordPressの投稿画面を設定する

ブログ記事を書き始める前に、最初はWordPressの投稿画面を設定していきます。

これは一度設定してしまえば次からは同じ作業をやる必要がありませんので、ここで済ませてしまいましょう。

まず先ほど開いた新規投稿ページから、右上にある『表示オプション』を選択してください。

WordPressの表示オプションの設定

 

するとオプションメニューが開いて、ここにチェックを入れることによって表示・非表示を切り替えることができます。

設定を以下の画像のようにしてください。

WordPress投稿ページのオプション設定

ブログを書くために最低限必要な機能は以下の4つです。

カテゴリー
記事にカテゴリーを追加することができます。
タグ
記事にタグを追加することができます。
記事レイアウト
記事のレイアウトを選択することができます。(テーマによって違いあり)
アイキャッチ画像
アイキャッチ画像を設定できます。

おそらくWordPressはデフォルトの状態で最適化されてるので、これらにチェックが入って入れば変える必要ばありません。

 

また最後の『最大行表示エディターと集中執筆モード機能』というのは、本文を入力する画面の右上にある、このボタンから有効化にすることができます。

WordPressの執筆集中モードを有効化にするボタン

これを有効化にすると、下の動画のように他の機能を非表示にしてくれるので、記事を書くことに集中できるようになります。

僕もブログを書くときはいつもこの機能を使ってまして、とても集中できるので便利ですよ。ましょう。

これでWordPressの投稿ページの基本的な設定が終わりました。次からいよいよブログの記事を書くためのステップに移ります。

3.タイトルを入力する

まずはブログ記事のタイトルを決めましょう。

タイトルは下の画像の場所に入力します。

WordPressの投稿ページでタイトルを入力する場所

タイトルを入れるとパーマリンクが編集できるようになるので、ここで一緒に設定してしまいましょう。

パーマリンクの設定方法についてはこちらで紹介しています。

WordPressでブログを書き始める前にやるべきパーマリンクの現実的な設定方法

4.本文を書く

次に本文を書くエリアです。

WordPressの投稿画面

ここでメディアの追加(動画・画像など)をすることもできます。

5.カテゴリーを決める

タイトルを入れ、本文を書き終えたら次はカテゴリーを決めます。

記事のカテゴリーを選択する

記事をカテゴリーに属してあげることでSEO効果が高まり、ユーザービリティ(読者の使いやすさ)が高まるので、「属するカテゴリーがない!」というときでも必ず選択するようにしましょう。

最初は『未分類』に設定されているので、このチェックを外して属するカテゴリーを決めます。

また下にある『新規カテゴリーを追加』から、新しいカテゴリーを作りそこに追加することもできます。

あればタグを決める

カテゴリーの下にタグを決められる場所もあるのですが、もしあれば入力しましょう。
僕はあまり使っていないのですが、その理由はタグよりカテゴリーの方が重要だからです。
ブログを始めた頃からタグ分けしようとすると、カテゴリーとごちゃごちゃになってしまうんですね。それを回避するために僕はタグの設定をしています。
だけどもあったほうがユーザビリティとSEO効果は高まるので、500記事を超えたら設定していこうかと思っています。

6.アイキャッチ画像を設定する

次にアイキャッチ画像を設定していきます。

記事にアイキャッチ画像があるだけで読者に「面白そう!読んで見たい!」と思わせることができますから、一番いいのは自分で作ることですが、なければフリー素材でもいいので必ず設定するようにしましょう。

WordPressの投稿画面でアイキャッチ画像を選択する

右下に『アイキャッチ画像』から、メディアに追加された画像を設定することができます。

7.SEOの設定をする

そして最後に大切なSEOの設定です。

SEOの管理はプラグインの『All in SEO』を使いましょう。これでSNSもまとめて設定することができます。

SEOの設定から入力するところは全部で3つです。

WordPressで記事を投稿するためにSEOの設定をする場所
タイトル
検索結果に表示する記事のタイトルを入力してください。
ディスクリプション
記事の説明文を160文字で簡潔に説明します。
タイトル
記事に該当するキーワードを3〜5語入力します。

これでSEOの設定は完了なのですが、一番大事なのは記事の質・内容です。

それともうひとつ、SNSでシェアされたときのアイキャッチ画像の設定をしておきましょう。

Twitterでシェアされたときは設定しなくても画像を引用してくれるのですが、Facebookでシェアされるときはここでアイキャッチ画像を設定しておかないと引用してくれないんですね。

シェアされたとき用にアイキャッチ画像を設定する

ついつい忘れてしまいがちですが、タブを切り替えてアイキャッチ画像にチェックを入れることを忘れないよう心がけましょう。

まとめ

WordPressは機能が多いので、最初は操作に慣れないこともあるかと思いますが、100記事、200記事とたくさん記事を書いているうちに慣れてきます。

なので今はできなくても慌てずに、しっかりといいコンテンツが作れるように取り組んでいきましょう。

ブログを書くことやサイト運営が好きであれば、自然とWordPressの機能だけでなくHTMLやCSS、PHPといったプログラムも覚えられるようになっていきますよ。

SPONSORED LINK