手段は選ばないという顔をしている

成功できる人間とできない人間の大きな差は〇〇。

SPONSORED LINK


色々と吹っ切れたのでアウトプットする。

SPONSORED LINK

美学や哲学を捨て、目的を達成するために手段を選ばないと決めた

世の中の大半の人が、やりたいことをやらないで死んで行く。これは満員電車を見れば明らかで、誰もあんな大衆の中で揉みくちゃにされる人生を送りたいと思ってない。でも、実際は毎朝人混みで揉みくちゃにされている人間がほとんどなわけで。

じゃあどうやったら自分はそんなゾンビ達とは違う人生を歩めるのかって考えたら、もう自己中心的でエゴイスティックに前に進むしかない。

俺はこれまで前に進みたくても、自分の美学や哲学みたいなのがあって、「いや、それはやっちゃダメなんじゃないかな」みたいに自分を押さえつけてるというか、自分の型にはめていることがあった。

でももう独立して2年。ようやく分かったよ。僕の美学じゃ成功もできなければトップにもいけない。

別に成功しなくてもトップに立たなくても人生ってのは幸せなのよ。それは分かる。けどもうそんな人生を21年も過ごしたらいい。飽きた。

きっと10年ないし5年後には「俺の人生ってこうじゃなかったな…」って後悔するのが目に見える。だから俺はこのタイミングで美学も哲学も捨てて、成功するために手段を選ばずに行動することに決めたぜ。

嫌われないように生きれないなら、嫌われるように生きてやる。

誰も人から嫌われたいと思っている奴なんていないけど、俺はトップに行きたい。で、トップを見ると嫌われていない人はいない。

嫌われないように生きて自分のやりたいことを我慢するのか、嫌われる覚悟を持って自分のやりたいことをやるのか。生き方は2種類。そして多くの人は前者。

どっちが良い悪いかなんてない。自分で選べば良い。

でも俺はもう前者の生き方に飽きたし、やっぱり自分のやりたいことをやらない人生はつまらないと思う。嫌われてもいいからやりたいことをやりたい。

特にブログってのは自分の意見を発信する場所だから、賛成する人もいれば反対する人もいる。

尖った意見を言えば、賛成してくれる人より反対する人の比率も増えるだろう。

でも、

みやあき
うるせぇ。黙って見てろ。

成功するためにはそのぐらいの覚悟をもって発信しなくちゃいけない。

 

「みんないろんな意見があるからね。」

そんな当たり前の概念を越えて、僕たちは自分の意見を発信していかなくちゃいけない。この範疇で収まっていたら、ゾンビの大衆からは抜け出せないのだから。

もう誰が見てるのかなんて気にしない。俺は俺の目的を達成するためにブログを書いていく。

おそらく嫌う人も増えるだろうが、別に構わない。むしろそれでいい。

俺のやり方が正しいってことを証明してやる。

見とけ。

俺こそが正義だ!

 

 

 

応援よろしくお願いします。

SPONSORED LINK