「音楽教室」と「ボイストレーニング教室」の違いは?歌が上達しやすいのはどっち?

SPONSORED LINK

どうもこんにちは!ボイストレーニングを受けていたみやあき(@miyaaki731)です!

プロのボイストレーナーから歌のレッスンを受けられる場所として、「ボイストレーニング教室」と「音楽教室のボーカルコース」の2種類があります。

ちなみに、僕はボイストレーニング教室に通っていましたが、すぐに辞めて途中から音楽教室に変えました。

そこで2年ほど歌とギターのレッスンを受けて、歌に関する知識を学んでいました。

どちらを選んでもボイストレーニングは受けられますが、音楽教室のほうがいろんな視点から学べるのでメリットが多いです。

これから歌のレッスンを受けようかと思われいる方にとって、ボイストレーニング教室この2つの違いは分かりにくいと思います。

そこで今回は、両方を経験した僕から、ボイトレ教室と音楽教室の違いを紹介します!

これからボイトレのレッスンを受けようかと思ってるけど、音楽教室とボイストレーニング教室ってなにが違うの?
歌が上達しやすいのはどっち?

と悩まれている方は、ぜひ参考にしてください。

SPONSORED LINK

音楽教室とボイストレーニング教室の違い

音楽教室とボイストレーニング教室の2つの違いについて紹介します。

2つの違いを説明します。

歌をプロのボイストレーナーに教われる場所には、主に「ボイトレ教室」と「音楽教室のボーカルコース」として運営している2種類があります。

まず「ボーカル教室」の方ですが、ここでは歌のレッスンだけが学べます。僕の通っていたところは高齢者の方が多く通っていて、老若男女問わず初心者でも気軽に通えるような印象でした。

もう一方の「音楽教室」では、歌のレッスンだけでなくギターやベース、ピアノのレッスンなども学ぶことができます。

音楽学校は規模が大きくなるとサックスやバイオリン、ドラムやナレーションなど、音楽に関わるあらゆるものが学べるようになっています。

こちらは若い人が中心で、本格的に学んでいるよな人が多い印象でした。

僕は分かりやすいので「ボイトレ教室に通ってました!」と言っていますが、2年ほど通っていたのは「音楽教室のボイトレコース」です。

なので歌の他にも、ギターを教えてもらうことができました。

個人レッスンを受ける場合
この他にも、ボイストレーナーが個人として1:1のレッスンを行なっている場合があります。
トレーナーとの個人レッスンは、スクールなどに通うより料金が高いことが多いです。
歌の基礎が分からない初心者のうちは、無料体験レッスンを通して色々なトレーナーを見てから決めることをオススメします。

基本的なレッスン内容や仕組みは同じ

こうして二つに分けると、「ボイトレ教室は音楽教室より歌に特化してるはずだから、上達しやすいのかな?」と思われるかもしれませんが、どっちが良い悪いはありません。

ボイトレ教室も音楽教室も、音大を卒業した人やプロに認められた人が所属しているので、基本的な仕組みは同じです。

レッスン回数は月2回〜多くても8回まで通うことができます。

料金はだいたい5000円〜3000円の間で、レッスン回数が多くなるほど安くなる傾向があります。

設備やトレーナーの技術によって良し悪しはありますが、一概に「ボイトレ教室だから、音楽教室だから歌が上達しやすい」といったことはありません。

どちらに所属している講師も「生徒の歌声を上達させる」という目的でレッスンをやっているので、内容もほぼ変わりありません。

どちらを受けても、練習すれば必ず歌を上達させることができるはずです。

その上で自分にあった場所を見つけるためには、無料体験レッスンを受けてみて、自分で判断しにいくことです。

学校の名前や規模の大きさ、イメージだと分からないことがたくさんありますから、実際にレッスンを受けて体感してみるのが一番です。

失敗しない音楽教室・ボイトレ教室の選び方!無料体験で見極める3つのポイント

2017.01.09

音楽教室に通う3つのメリット

音楽学校に通うメリットを紹介します。

音楽学校のメリットを3つ紹介します。

僕はボイストレーニング教室で数ヶ月レッスンを受けた後、音楽教室に2年ほど通って歌を上達させてきました。

もし、「歌を上達させるならどっちに通うのがオススメか?」と聞かれたら、「音楽教室に通った方がいい」と答えます。

その理由はボイストレーニング教室が悪からではなく、音楽教室に通った方が歌を上達させる上でメリットが大きいと感じているからです。

なぜ音楽教室の方が歌が上達しやすいのか、理由を3つ紹介します。

1.歌以外の知識も学べる

音楽教室には、歌以外のジャンルを担当する講師の方がたくさんいます。

僕はボーカルのレッスンを受けていましたが、担当してくれた講師の方は音大でギターを学んでいた方でした。

なのでレッスン中や終わった後に「ギターのいい練習方法教えてください!」と、歌以外の知識についても学ぶことができたのです。

これが結構重要で、歌のレッスンがうまくいかないときに、別の視点から考えることで新しい発見が生まれます。

ボイストレーニング教室にいたときは歌の専門の人しかいなかったので、”専門外のこと”はなかなか聞けませんでしtあ。

音楽学校はいろんな出身の人が所属してるので、歌うこと以外から歌に繋げて考えられるのは大きなメリットだと思います。

2.他の楽器のレッスンを受けられる

あとは歌のレッスン以外のレッスンを受けられることです。

これは音楽学校によってまちまちかもしれませんが、僕の通っていたところは小規模だったので、好きなときに好きなレッスンを受けることができました。

だから歌のレッスンに飽きたり伸び悩んだりしたときは、リフレッシュと思ってギターのレッスンを受けていたこともありました。

楽器を弾いてるうちに「また歌いたい!」と思って歌のレッスンに戻ると「あれ、なんか歌いやすいぞ!」と感じることもありましたね。

別のレッスンを受けることでも違う視点から考えるきっかけになるので、それが結果、成長に繋がってるような気がします。

3.交流の幅が広い

音楽教室もボイストレーニング教室も、ライブや懇親会などのイベントがあるのですが、音楽教室に通っていたときはいろんなコースの生徒と話すことができました。

大学を卒業して朗読を勉強してる人、50歳からピアノを始めた人などほんと様々で、ここでもまた違う視点で物事を考えられるきっかけになり、歌のレッスンに繋げることができました。

ボイトレ教室なら同じコース同士でしか分からないことを話せるのですが、歌を上達させるためにはやっぱり、違う視点を持つことが大事だと思うのです。

どっちに通っても練習すれば歌は上達する!

まとめになりますが、どちらに通っても練習すれば必ず上達します。これは間違いありません。

講師のレベルもレッスンの内容もほとんど同じ。大きく違うところは環境や設備だけです。

大切なことなので何度もいいますが、必ず無料体験レッスンに行ってから決めましょう。

どっちらに通っても歌が上達するので、あとはより上達するためにどうするべきか、実際に体験してみることです。

以上、音楽教室とボイストレーニング教室の違いについてでした。

それではっ!

いつもシェアありがとう!

カラオケ上手から抜け出せ!
音楽教室で本当の歌声を体感しよう!

音楽教室の無料体験レッスンレポート

ボイトレを経験したことで、歌を上達させるためには『本物の歌声を知っていること』がとても大切だなと実感しました。例えるなら、カタカナ英語でしか発音できなといくら練習してもネイティブのような綺麗な発音を身に付けることはできませんよね。それと同じように、本当に綺麗な歌声を手に入れたいのなら、まずは音楽教室で無料のレッスンを受けて、プロの歌声を体験してみよう!上手くなるのはそれからだ!