クリエイター

プログラムを身に付けて優れたWebクリエイターを目指す!【無料体験レッスン】

SPONSORED LINK

こんにちは、Webクリエイターとしてフリーで働いていますみやあきです。

さて、僕のところによく「クリエイターになる方法を教えてください!」といった質問をもらうので、今回は僕の経験を交えながら、ただ仕事にするだけではなく優れたクリエイターになる方法を紹介していきます。

お金稼ぎが目的なら辞めた方がいい

まず最初に、クリエイターはお金を稼ぎたい人にはオススメしない職業です。

クリエイターという職業は取り組み次第で、会社員や公務員のような定額のお給料を貰う生活から抜け出すことはできますが、お金を稼ぎたくてクリエイターになった人はみんな潰れています。それはなぜか。

クリエイターは「人のためにものをつくる」ことが第一条件でなければならないからです。クリエイターは自分の作品を通して、誰かの人生を豊かにすることができるんです。その結果としてお金が手に入る。ここを間違えると絶対に、確実に、100%上手くいきません。

でもまぁ、僕も最初はお金が稼ぎたくて始めたんです。で、全然稼げなくて2年間くらい潰れて、ほぼ鬱のような状態で毎日過ごしていました。

最初はお金を目的にしてもいいかもしれませんが、周りの人を見ても僕の経験上からも、お金稼ぎを目的にクリエイターを目指した人は必ず苦しんでいるので、別のモチベーションを持って目指すことが望ましいです。

ものを作るのが好きな人にオススメ

ではどんな人に向いているのか。それはものを作るのが好きで、みんなに見せることに喜びを感じられる人です。

例えばこんな人なんかは、必ず優れたクリエイターになれる典型例ですね。

  • 小さい頃から絵を描くのが得意。みんなに見せたときに喜んだ顔を見るのが好き。
  • 自分を表現するのが好き。ものをつくる力をつけて、みんなに見てもらいたい。
  • パソコンを触るのが好きで、ブログやプログラムを使って仕事に活かせるスキルを習得したい。

彼らは自分の好きなことで誰かの役に立ちたいという思いがあるので、どんなことをやっても上手くいくでしょう。

僕がこうして顔を出しながらブログをやっているのも、自分を表現するのが好きだからなんですよね。それでいて人の役に立てたときの喜びがもう快感なので、諦めずにクリエイターを続けていたらお金が稼げるようにもなりました。

クリエイターはお金以外にモチベーションのある人、とくに好きなことを仕事にしたい人にとっても向いている職業です。

まずはやってみよう。

とはいっても、人には向き不向きというのがあります。

僕は歌うのが好きでボイトレをしていたことがあるんですが、歌詞を書くことができなかったんですよね。それでアーティストになるのを諦めてしまいました。

同じように、クリエイターになりたくてもパソコンを使うのが好きでないと難しいです。画家でいえば「筆」、カメラマンの「カメラ」、美容師の「ハサミ」のように、クリエイターには「パソコン」が大切なツールになるので、好きであれば上達しやすいでしょう。

こちらはプログラムスクールの一連の流れです。まずは自分の適性を確かめるために無料体験から受けることをオススメします。

プログラムスクールの流れ。

スクールを卒業するまでの流れ

強制入会ではないので、やってみて向かないと思ったらキッパリと辞めて、違うことに切り替えて挑戦しましょう。やってみてダメでも、後には必ず役に立つ知識として身についていますからね。

ちなみにですが、僕はアーティスト以外にも声優に挑戦したこともあります。自分に合わなかったので辞めてしまいましたが、養成所に通っていた経験がブログにも生かされていたりするんですね。あのとき恥ずかしがらずに挑戦したおかげで、自分を恥ずかしがらずに表現できるクリエイターになれていると思うと、本当にやってみて良かったなと実感します。

あなたにとってこの機会が、クリエイターとしてだけでなく人生を豊かにするキッカケになれば幸いです。

おすすめのプログラムスクール3校

No.1TechAcademy

テックアカデミー

初心者でも安心のオンラインでスクールです。

TechAcademyは初心者向けコースが用意されているので初めてでも無理なく学べるところが魅力的です。メインのコースは13種類とかなり豊富に用意されています。

参考までに、目的別にコースを分けてまとめてみました。Web制作からアプリ開発までなんでも揃ってますよ!

Webサイトを制作したい
→ Webデザイン・UX&UIデザイン・フロントエンドエンジニアコース
Webやスマホのアプリを制作したい
→ Android(iPhone)アプリ・Webアプリケーション・コース
システム開発をしたい
→ PHP/laravel・Unityコース
ブログを運営したい
→ WordPressコース
エンジニアになりたい
→マネジメント・Webマーケティングコース
とりあえずプログラムを触ってみたい
→ 初めてのプログラミングコース

もちろん、現役のプログラマーがあなたの専属講師となってビデオ通話やチャットをしながら指導してくれますよ。一人で悩み続ける必要がないのは、プログラムを学ぶ上でかなり効率的です。

マンツーマンレッスン

ビデオでレッスンを受けている様子

自宅でレッスンを受けられるので、自分のペースでじっくりと取り組みたい初心者の方にぴったりなスクールですね。学生であれば講義の休み時間にチャチャッと済ませられるくらい手軽に取り組めます。

スマホからも予約できますが、パソコンから公式サイトに足を運んでもらうと右下に「チャットエリア」が表示されるので、分からないことはここからプロに相談できます。リアルタイムで返事が返ってきますよ。

質問コーナー

初心者には「初めてのプログラミングコース」がオススメですが、僕のようにブログを運営したい人は「WordPressコース」を推奨します。

下手な無料ブログでHTMLを勉強するより、WordPressを学んだ方がはるかに多くの知識と高いスキルが身につきますよ。

No.2CODE CAMP

コードキャンプ

IT/Web業界への転職支援に力を入れているスクールです。

こちらは家庭教師のようにマンツーマンでプログラミング・デザインを学ぶことができるオンラインスクールで、コースは以下の6種類です。

  • Webマスター
  • Rubyマスター
  • デザインマスター
  • アプリマスター
  • javaマスター
  • エンジニア転職・就職

もちろん現役のエンジニアやデザイナーが講師として指導してくれます。有名企業への導入実績があるので、より本格的にプログラムを学んでいくことができるでしょう。

codecamp

「Yahoo!」や「楽天」、「Microsoft」などの大手企業へ内定した実績もあり、ITやWeb業界への転職支援にかなり力を注いでいるようですね。中には東京大学出身の生徒もるようで、「今の仕事からエンジニアとして転職・就職していきたい」という方にはぴったりのスクールです。

こちらもパソコンから公式サイトへ行くと、右下のチャットエリアから質問をすることができます。受講時間が朝の9時から夜の23時40分まで受けられるのが嬉しいですね。

No.3WebCamp

webcamp

現場で教えてもらう1ヶ月短期集中型のスクールです。

こちらは渋谷に拠点を構えるスクールで、『Webデザイン』と『プログラミング』の2つのコースが用意されています。オンラインではなく、渋谷の校舎へと足を運んでレッスンを受けに行くスクールです。

WebCampの特徴は本気でスキルを習得させること。現場で教えてもらえるので通える距離に住まれている方にオススメです。

WebCamp

もちろんプロからマンツーマンでレッスンが受けられるので、オンラインではなく直接指導してもらいたい人はどうぞ。こちらは体験レッスンではなく渋谷にて無料の説明会を行っているので、通える範囲に住まれている方はぜひ足を運んでみてください。

直接指導であれば講師とのコミュニケーションが大事ですからね。雰囲気を確かめてから入会しましょう。