初心者でもできるWordPressの始め方

迷わせない!初心者でも簡単にWordPressブログを始める方法【全5ステップ】

SPONSORED LINK


あなた
WordPressでブログを始めてみたいけど、難しそうだから無料ブログにしようかなぁ。

と迷っているそこのあなた!

確かにWordPressって、なんだか難しそうだから始めにくいような気がしますよね。

でもWordPressにある機能は、他の「はてなブログ」や「アメブロ」「ライブドアブログ」といった他のブログサービなんか比較にならないくらい、ブログを運営するのに最適なサービスなんです。

そして、扱うまでには少し慣れが必要ですが、インストールして始めるのはとっても簡単なんですよ!

でもWordPressの使い方を解説しているサイトって、なんだか難しい言葉ばっかし使ってるからよく分かりませんよね。「で、結局なにから始めればいいのさ!」と諦めてブラウザを閉じた経験がある人も少なくないはず!

そ・こ・で!

みやあき
もう迷わせない!
WordPressの始め方を分かりやすく全5ステップで紹介していきます!

本当にこれだけ!この5ステップでできちゃいます。

まずは『WordPressでブログを始める』という1つの目的を達成するために、あまり難しい話はしないようにします。が、大切なことはしっかり解説しながら紹介していきます。

これからWordPressでブログを始められるようにするために、以下の5ステップで解説していきます。

  1. サーバーと契約する
  2. ドメインを用意する
  3. WordPressをインストールする
  4. WordPressのテーマをインストールする
  5. プラグインをインストールする

もしかしたら聞きなれない名前がいくつかあるかもしれません。ここで意味を詳しく説明すると複雑になってしまうので、手順と一緒に簡潔に説明していきます。

また、最後まで確実に進められるように、必要なところは全て画像付きで説明しています。なので、ひとつひとつをしっかり確認しながら進めていってください。

それでは、WordPressでブログを始めるステップ1から行きましょう!!

SPONSORED LINK

ステップ1.レンタルサーバーと契約する

サーバーと契約します。

まずはレンタルサーバーと契約します。

サーバーとは簡単に説明すると、あなたのサイト情報を保管しておく場所です。

例えば、iPhoneで音楽を聴くときには「iTunes」の中に音楽ファイルがしまわれているからこそ、音楽を聴くことができますよね。

Webサイトでも同じように、ブログを表示させるためには「サーバー」の中に文字や画像といったデータを入れておくことによって、サイト上にブログの内容を表示させることができるようになります。

なので、まずはWeb上に自分の情報を入れておくための”箱”を用意しなくてはいけません。

その箱が、Webサイトでいうところの”サーバー”にあたるので、まずはそれを用意します。そして、用意するためには”レンタルサーバー”と契約する必要があります。

ただ、このレンタルサーバー選びはとても大切なんですね。悪いレンタルサーバーを選んでしまうと、せっかくWordPressでブログを始めるのにメリットが受けられなくなってしまいます。

なので、僕がオススメする『Xserver』を紹介したいのですが、まずは『質の高いサーバー』に関するお話を少し挟みたいと思います。

難しい話はしていませんが、これを理解すれば僕がなぜ『Xserver』をお勧めするのか理解できると思うので、迷わず選べるかと思います。

質の高いレンタルサーバーの3つの条件

質の高いレンタルサーバー

繰り返しになりますが、WordPressでブログを運営するためにはサーバーの質が大切になります。

例えば、iTunesアプリで音楽を再生したいのに、再生されるまでめちゃくちゃ時間がかかったら嫌ですよね。

また、再生してる途中でいきなり止められたり、たまにメンテナンスで音楽が聴けない日があるようだったら、だれもiTunesから音楽を再生したいと思わなくなってしまいます。

では、なぜ音楽アプリの中でもiTunesがこれだけ多くのiPhoneユーザーに使われているかというと、安定して音楽を聴くことができる“いいアプリ”だからですよね。

同じように、レンタルサーバーにも種類(音楽アプリでいうところのiTunesなど)によって、良いサーバーと悪いサーバーがあります。

音楽アプリなら「すぐに再生できる」「ファイル管理がしやすい」「見た目が綺麗」といったものが”いいアプリ”として評価されますが、いいレンタルサーバーの条件にはこの3つがあります。

  1. サイトの表示速度が速い
  2. たくさんのアクセスが来てもサーバーダウンしない
  3. セキュリティが安全である

大切なことなので、1つ1つを詳しくみていきましょう。

1.サイトの読み込み表示速度が速い

まず一つ目ですが、サイトを見ようと思ったのになかなかページが表示されなかったら、見ている人に不快な印象を与えてしまいますよね。

ブログでは、読み込むのに3秒以上かかると約40%の人が見るのをやめてしまうと言われるくらい、サイトの読み込み速度はとても大切な要素です。

僕もこのブログを始めたとき、最初は読み込み速度が平均12秒かかっていましたが、改善したことでPVが2倍になりました。

ブログの作り方によっても表示速度は変わるのですが、レンタルサーバーが悪いと頑張っても一定以上の速度から早くすることができません。

これがサーバー選びで最も大切な1つ目です。

2.たくさんのアクセスがきてもサーバーダウンしない

そして二つ目は、アクセスが集中してサーバーに負担が掛かってもダウンしないことです。

ブログが成長してたくさんの人に読まれるようになると、アクセス集中(人がたくさん集まる)するようになります。

そんなとき、サーバーが脆弱だとすぐにダウンして、サイトが見れなくなってしまうんですね。サーバーがダウンしてしまうと、WordPress側ではいくら頑張ってもどうすることもできません。

これは値段が安いレンタルサーバーによくありがちです。値段を下げられるのは”アクセスが集中すると落ちやすい粗悪なサーバー”を使っているからです。

最初のうちはどんなブログもアクセスは少ないので心配ないのですが、「たくさんの人に読まれるブログを作りたい!」と思っている人は、アクセスが集中しても落ちない強いサーバーを用意する必要があります。

これがサーバー選びで大切な2つ目です。

3.セキュリティーが安全である

そして最後の3つ目はセキュリティーが安全であるかどうかです。

「WordPressはセキュリティーが高いから安いサーバーでも安心!」と思っていた人が、レンタルサーバーがハッキングされたことによって被害を受けたという報告は、Googleで調べるとたくさん出てきます。

これも安いレンタルサーバーにありがちですね。セキュリティーに力を入れて代わりに値段を安くしているのでしょうが、サイトが運営できなくなってしまっては元も子もありません。

WordPressでセキュリティーを強化するのももちろん大切ですが、レンタルサーバーがセキュリティーにしっかりと力を入れているかどうかも、安心してブログをやっていくうえで大切なことです。

これが3つ目の大切な要素です。

3つの条件が揃った「エックスサーバー」がオススメ

これらの「サイトの読み込み表示速度が速い」「たくさんのアクセスがきてもサーバーダウンしない」「セキュリティーが安全である」という3つの条件がそろったのがエックスサーバーです。

僕も2年以上お世話になっていて、多くのブロガーやサイト運営者が利用しているレンタルサーバーです。

xserver公式サイトの画像です。

他にもこのエックスサーバーには他のサーバーにはない強みが3つあります。

  • WordPressを運営するのに十分なスペック
  • メールや電話で対応してくれる充実したサポート
  • なおかつ低価格で月額900円から利用できる

僕はレンタルサーバーを選ぶとき、安くても質の低いサーバーを選んだら絶対に後悔するし、問題が起きたら話にならない思ったので、値段はケチりませんでした。

だからといって、スペックが高いものは月額3000円以上するものばかりで、さすがにそこまでは手が出ないなと。

そんなとき、高機能でかつ低価格のXserverを見つけました。他と比べるとぶっちぎりで評判が高くて、値段は決して安いわけではないけれどサーバーの質が高いのは間違いありませんでした。

おかげで今でも問題もなく使えています。サーバーに対する余計ない心配がないのは、ブログを続けるモチベーションにもなっていますね!

エックスサーバーとの契約方法

さて、ここからはエックスサーバーと契約する方法を紹介していきます。

エックスサーバーは契約すると10日間無料で使えて、お金を支払わなければ自動的に契約が解除されます。なのでまずは気軽に始めて見てください。

 

これから説明していくにあたり画像を挟みながら説明して行きので、下の画像のように2つの画面を表示させながら進めると手順がわかりやすいと思います。

このブログとエックスサーバーのサイトを開いてください。

 

まずは下のボタンからエックスサーバーの公式サイトへ移動してください。

公式ページを開いたら、上のメニューにある「お申し込み」ボタンを押します。

Xserver公式ページの申し込みボタンを押します。

 

新規で申し込むので、左側の「お申し込みフォーム」ボタンを押します。

エックスサーバー公式サイトで新規お申し込みボタンを押します。

 

するとお申し込みフォームのページが出てきます。ここでも同じく左側の「新規サーバー申し込み」ボタンを押します。

新規で申し込みます。

 

次に進むとお名前や住所などを入力する画面が表示されるので、ここで必要事項を入力していきます。

必要事項を入力していきます。

最初の「サーバーID」と「プラン」にの2つに詳しく紹介していきます。それ以降はスムーズに入力していけるかと思います。

サーバIDについて
ここでのサーバIDは、後ほど説明するドメインとは別物です。
なので、あなたの好きな英数字を入力してください。他の人とかぶると赤く表示されます。サーバIDの欄が緑色になるように入力してください。
プランについて
プランはX10・X20・X30と好きなプランが選べるのですが、僕は一番安いX10プランで契約してブログを運営しています。
その理由は、X10でもサーバー容量が200GBもあって充分足りているからです。今はXserverを使って2年ほど使っていますが、まだ2Gも使っていません。単純計算であと100年分使えるということですね。もちろんその頃には死んでいると思いますが(笑)。
X10より高いランクを選ぶとサーバー容量が大きくなり、複数のサイトを運営するときなどは便利になるのですが、そのぶんお金が高くなります。かといってX10と基本的な仕組みは変わりませんし、途中から帰ることもできます。
なので、まずは一番安いX10から始めれば間違いないと思います。

 

必要事項を入力したら、一番下の「お申し込み内容の確認」を押します。

内容の確認ボタンを押します。

 

内容に誤りがなければ、このまま「お申し込みをする」ボタンを押してください。

内容に誤りが送信ボタンを押してください。

 

すると、登録したメールアドレスへエックスサーバーからこのような契約完了のメールが送られてきます。

Xserverの申し込みをすると送られてくるメールです。

このメールには、これからエックスサーバーにログインするために必要な『ログインID』や『パスワード』など大切な情報が載っているので、間違えて消してしまわないように保存しておきましょう。

またこの次に説明する場面でも使うので、このメールのページは開いたまま、次のステップに進んでください。

これでサーバーの準備は完了しました。次はいよいよステップ2のドメインを取得していきます!

ステップ2.ドメインを取得しよう

ドメインを取得する方法

次にドメインを取得していきますが、その前にドメインについて少し説明をしたいと思います。

ドメインとは一言で説明すると、Webサイト上でのあなたの住所です。

僕らが住む現実の世界でも「東京都新宿区7-○×△□…」といった住所がありますよね。同じようにWebサイト上にも住所が存在していて、「http://」または「https://」から始まるものがWeb上の住所として扱われています。

ちなみに僕のこのサイトのドメインはというと、「miyaaki.com」です。正確に表すと「https://miyaaki.com」という表記になります。

ドメインには100種類ほどの種類があって、「〜.jp」や「〜.com」「〜.orz」「〜.me」などよく使われるものから、「〜.red」「〜.pink」なんて可愛らしいものまであります。

ドメイン名による機能の違いはありません。北海道に住んでいようが沖縄に住んでいようが、”住所”という扱いに変わりはないからです。

しかし!あまり使われていないドメイン名を使うと、サイトを覚えてもらいにくいというデメリットがあります。なので、ドメインとしてはメジャーな「.com」「.jp」あたりを使うのがオススメです。ちなみに僕は3つほどサイトを運営してますが、全て「.com」を使ってます。

またドメインによって値段も違います。「.jp」だと年間で1万円ほどかかるのに対し、「.com」は年間で1500円ほどなので、そういった意味でも僕は「.com」でドメインを取得しています。

エックスサーバーからドメインを作る方法

実は、ドメインはエックスサーバー以外からでも作れるんですね。有名な場所だと「お名前.com」といったところですかね。値段に多少の違いはあるのですが、サーバーの場所ととドメインの場所をを分けると管理がしにくいのでオススメしません。

僕と同じWeb関係の時ごとをしている友人もサーバーとドメインと分けている人はいませんね。たかが年間数百円のために、「なんでそんな面倒なことするの?w」といったことを言っていました(笑)。

サーバーとドメインを同じ場所で管理しておくと、トラブルなどが起きたときに対処しやすくなりますから、初心者の人にもオススメです。

 

ではドメインの説明が終わったところで、次はいよいよエックスサーバーでのドメインを作る方法を紹介していきます。

ドメインを取得するためには、まずはエックスサーバーの公式サイトに行き、メニューにある「ログイン」を押します。そして、その中の「インフォパネル」を開きます。

Xserverのログインのインフォパネルを開きます。

するとIDとパスワードが求められるので、ここで先ほど送られてきたメールのIDとパスワードを入力してください。

「IDとパスワードなんてどこに書いてあるの!?」と迷われた方は、先ほどエックスサーバーから送られてきたメールの中から「ユーザーアカウント情報」というところを探してください。そこにあなたの会員IDとパスワードが書いてあります。

ユーザーアカウント情報を入力します。

上の画像のこの部分ですね。英数字が羅列されていると思いますから、コピー&ペーストするとやりやすいと思います。

 

ログインができたらインフォパネルの管理画面が開きます。

このような画面が出てきたら、その中の「追加のお申し込み」を押します。

インフォパネルの管理画面です。

 

規約事項に同意したら、ドメインの欄の「新規作成」を押します。

ドメインを新規作成します。

 

するとこのような画面が出てきます。ここでドメインの確認を行っていきます。

ドメインを取得する手順です。

ちょっとややこしいですが、この3つの手順で進めてください。

  1. 好きなドメイン名を入れて検索をかける
  2. 同じドメイン名が他に使われていないか確認する
  3. 申し込みボタンを押す

僕は試しに「miyaakisub.com」というドメインで検索をしたところ、他に使われていないことが確認されました。

ドメインが使われていると赤色で表示されるので、「このドメインは申し込むことが可能です!」の文字が表示されるようにします。

このドメインがあなたのサイトの住所になりますから、愛着が持てて、かつ覚えてもらえやすいような名前をつけるといいですよ。

 

そして次に進めると、最後にもういちど確認画面が表示されるので、ここでドメインの申し込みを確定させます。

エックスサーバーでドメインを申し込む最終確認画面です。

これで指定したドメインがあなただけのものになりました!これからこのドメインの中でブログを育てて行くことになります。

ステップ3.WordPressをインストールしよう

WordPressのインストール方法

さて、いよいよWordPressをインストールする手順まで来ました!

ここまでで、『サーバーの契約』と『ドメインの取得』が完了しました。

サイトを立ち上げる準備はもうできましたので、次からはいよいよWordPressをインストールしていきます。

WordPressは手動で入れることもできるのですが、エックスサーバーなら簡単にインストールする方法があるので、そのやり方を順番に説明していきます。

先ほどのインフォパネルのトップページに戻っていただいて、下にある「ご成約一覧」の項目のところを見ていただくと、先ほど取得したドメイン名が書かれていると思います。

その横にある「ログイン」ボタンを押して、サーバーパネルに入ります。

サーバーパネルにログインします。

「サーバーパネルとインフォパネル、何が違うの?」ということですが、簡単に説明すると、インフォパネルは契約事項の確認や変更をするところで、サーバーパネルはファイルの管理をするところといった違いがあります。

ここでやることは「WordPressのファイルを、サーバーにインストールする」という内容なので、インフォパネルではなくサーバーパネルで設定していきます。

 

左上に「サーバーパネル」と書かれたページが開いたら、ログインの完了です。

次にその中にある「ドメイン設定」の項目をクリックします。

サーバパネルの管理画面です。

 

そして「ドメインの追加設定」のタブに切り替えたら、下の画像に従って二つの手順を踏んでください。

取得したドメインを入力します。
  1. 先ほど取得したドメイン名を入力する
  2. ドメインの追加ボタンを押す(確定する)

 

追加したらサーバーパネルのトップページに戻ります。

そしたら左下にある「設定対象ドメイン」の項目に先ほど入力したドメイン名が追加されているはずですので、これを設定をします。

ドメインを設定します。

 

すると画面がリフレッシュされて、右上に「現在対象のドメイン」が出てきます。

これで「今からこのドメインを編集していきますよー!」という準備が整いました。

指定したドメインが画面上に表示されたら完了です。

 

いよいよこのドメインの中にWordPressをインストールしていきます。まずはトップページの『ホームページ』の中にある『自動インストール』を選択してください。

WordPressを自動インストールを押します。

 

そして「プログラムのインストール」のタブに切り替えて、「WordPressのインストール」ボタンをクリックしてください。

XserverでWordPressを自動インストールします。

 

するとこのような画面が出てきます。

WordPressの設定画面です。

これがWordPressを管理する大切な最初の設定になりますので、ひとつひとつ説明していきたいと思います。

  • インストールURL・・・このままでOK!
  • ブログ名・・・ブログの名前を入れます(僕のこのブログなら「みやあきブログ」など、名前をつける。あとで変更も可能!
  • ユーザ名・・・WordPressにログインするときの名前を決める(重要!
  • パスワード・・・WordPressにログインするときのパスワードを決める(重要!
  • メールアドレス・・・WordPressからくるお知らせを受け取るアドレスを入力する
  • データベース・・・このまま新規作成でOK!

ここで忘れちゃいけない大切なのが「ユーザ名」と「パスワード」です。

これからWordPressでブログを運営するにあたって、管理画面へとアクセスする必要があります。そのときに下の画像のようなログイン画面に、ここで入力するIDとパスワードを入力します。

WordPressのログイン画面

TwitterやFacebookでいうところのアカウント名とパスワードのようなものですね。これを忘れるとWordPressログインできなくなってしまいますから、しっかり覚えておきましょう。

必要事項を入力して、右下にある「インストールの確認」ボタンをクリックしたら、WordPressのインストールは完了です。ブログが書けるようになるまであと少し!!

ステップ4.WordPressのブログテーマをインストールする

WordPressのテーマをインストールする方法

次はいよいよ、WordPressのテーマをインストールしていきます。

WordPressのテーマとは簡単に説明すると、「サイトのデザインや外観」のことです。有料のものから無料のものまで、その数はなんと何万種類もあります。これはWordPressの強みの一つですね。

ただ、テーマ選びに手こずると肝心なブログ記事が書けなくなってしまいます。

でも、テーマ選びは好きなのを見つけるまでたくさん迷われたらいいと思います。お気に入りのテーマを見つけるのは、好きな服を着て街を出かけるのと同じくらいテンションが高ぶるものですからね。

ですが、ここでは次のステップに進めるために、優れた無料テーマの一つと、有料テーマを一つ紹介したいと思います。

最初にインストールするべきブログのオススメテーマ2つ

STINGER8(無料)

Stinger5

Stingerは無料なのにもかかわらず、内部SEOがしっかりと施された優良WordPressテーマです。無料のテーマを探している人にオススメしている一つです。

OPENCAGE(有料)

「ブログをやるならこれ!」というくらい、とてもデザインが優れたWordPressテーマで僕も愛用しています。書くことだけに特化できるテーマなので、初心者でHTMLやCSSに関する知識がない人でも、簡単キレイなサイトが作れます。

WordPressのテーマはいつでも変えることができますから、ブログの記事を書いてるうちに「もっと自分好みのテーマを見つけたい!」と思ったら、有料テーマを探してみるのがいいでしょう。

「最初からテーマにこだわりたい!」という人は、上で紹介した「OPENCAGE(オープンケージ)」のテーマを使えば気にいる方も多いと思います。

WordPressテーマのインストール&有効化にする方法

WordPressテーマのインストールから有効化にするまでの手順は、こちらの記事にまとめました。記事が複数になってしまい申し訳ない!

WordPressのテーマをインストールして有効化する方法

ステップ5.WordPressでブログを運営するのに必要なプラグインをインストールする

WordPressのプラグインをインストールする方法

いよいよこれで最後です!WordPressに必要なプラグインをインストールしましょう。

プラグインとは何かを簡単に説明すると、あなたのサイト・ブログを拡張する機能です。

人間に例えると武器ですね。WordPressをダウンロードしたことによって”あなた”というサイトができました。でも、まだ丸裸の状態です。この状態で戦場(インターネットという広い世界)に出ても、まともには戦えません。

ここに靴やズボン、上着、さらにアクセサリーなどをつけることによって、あなたというサイトがより魅力的になっていくのです。

最初にインストールするべき7つ個のプラグイン

プラグインは”何がしたいか”によって必要になるものが違いますが、「まずは入れておくべき!」というプラグインを7つ紹介しておきたいと思います。

1.Akismet
あなたのサイトをスパムコメントから守ってくれます。サイトを運営すると必ずと言っていいほどスパムコメントがきますからこれは必須です。
2.All In Seo Pack
あなたのサイトのSEOを高めます。各記事ごとにSEO設定を行うことができます。ブログ記事を上位に表示させるためにはこれは必須です。
3.EWWW Image Optimizer
画像ファイルを圧縮してくれるプラグインです。ブログはとにかく表示速度が大切なのですが、一番速度を低下させる原因は画像です。その画像の画質を落とさずに圧縮させてくれる優れものです。
4.Contact Form7
あなたのサイトにお問い合わせフォームを簡単に作ってくれます。これ、HTMLで作るとめちゃんこ大変なのですが、このプラグインを使えば一発で設置できてとても簡単便利です。
5.Google XML Sitemaps
あなたのサイトにサイトマップを作ってくれます。「サイトマップとはなにか?」についてはまた説明しますが、SEOにとても関係のある大切な要素ですのでとりあえずインストールしておきましょう。
6.Simple Custom CSS
「サイトの見た目を変えたい!」というときはCSSファイルを設定する必要があるのですが、既存のファイルをイジるとエラーでサイトが表示されなくなることも。このプラグインを使えば外部に新しくCSSファイルを生成してくれるので、そのような現象を防ぐことができます。
7.AddQuicktag
ブログを書くときは<strong></strong>といったタグを使うのですが、いちいち手打ちするのが面倒。このプラグインを使えば自分が指定したタグをワンクリックで記事内に挿入することができます。

プラグインはなくてもブログはかけるのですが、あるに越したことはありません。なので、WordPressをインストールしたらとりあえずこれだけは入れておきましょう!

WordPressプラグインのインストール&有効化の方法

プラグインのインストールと有効化の方法はこちらの記事にまとめてあります。記事が別れてしまって申し訳ない!

WordPressのプラグインをインストールしてから有効化するまでの方法

以上、『迷わせない!初心者でも簡単にWordPressブログを始める方法【全5ステップ】』を紹介してきました。
す!

それでわっ!

SPONSORED LINK