エキセントリックな人間が成功しやすい時代

エキセントリックな人間が成功しやすい時代。インターネットで加速する!

SPONSORED LINK


これは面白い視点ですねぇ〜。なるほどなぁ!

SPONSORED LINK

エキセントリックな人間が成功しやすい時代

そもそもエクセントリックって言葉、雰囲気で理解しているだけだったので、言葉にして説明するために調べてみました。さすがWeblio、いっぱい例が出てきましたよ!

eccentricとは

【主な意味】常軌を逸した、風変わりな、中心を異にする、離心の、偏心的な

weblio

まぁ感覚をそのまま言葉にした感じではありますが、”エキセントリックな人間”を定義するなら、『一般的な常識とはかけ離れた人物や性格・行動をする人』と表すことができるでしょう。

僕が思うに、古市さんの言うエキセントリック枠の代表は、昔で言うところのテレビに出ている芸人さんたちだと思うんですよね。

熱湯風呂に入ったり、熱々のおでんを食べようとしたり、エロいことをやってみたり…と、普通では考えられないことをすることで、人々から注目を浴びて結果を出していきました。

でもテレビもないもっと昔の世界だったら、そんな”常識はずれ”の人たちは除け者にされていたと思うんですよ。田畑を耕して年貢を納めるために、そんなエキセントリックさは必要ないですから。

もしかしたら、「あいつは悪魔の子だ!」とか言って、殺されていたかもしれませんね…オソロシヤ。

でも世の中には、そうした一定数の”常識はずれ”の人たちがいて、その人たちはテレビという舞台が出たことによって人々から注目されるようになったと。

そしてそれは奇抜が故に、一般的な大多数の常識人よりも、時として価値がある。誰もができることより、誰もができないことをやっちゃう人の方が注目されて、お金としての価値が出るのは人間も一緒だよね。そこら辺にある石コロとダイヤモンドを比べているようなもん。見え方は違うけどね。

インターネットがエキセントリックな人間を加速させる

そしてさらに、テレビに出られないような種類のエキセントリックな人間も、インターネットを使えば活躍できる時代が、今もうすでに10年くらい始まっています。

僕は21歳なんですが、昔のテレビ番組って今のYouTubeくらい過激なことをやってたみたいじゃないですか。YouTubeに上がってる昔のテレビ動画をみると、「昔のテレビってこんな過激だったのか…(結構エロい。」って思いますもん。

でも最近は視聴者のクレームとか不倫とか不倫とかで影響受けまくってるせいか、安パイな番組が多いですよね。「そりゃ若者はテレビよりYouTubeを見たくなるわ」、って感じちゃう。まぁテレビ番組を放送する裏にはスポンサーとの関係があるんでしょうが、そんなん視聴者は知ったこっちゃありませんからね。

もともとは”2ちゃんねる”だって、影で人の誹謗・中傷を繰り返すような、一種のエキセントリックな人間が活躍する場所でしたよね。もちろん誹謗中傷をする人は、一般人の心を”いい方向”に動かせないエキセントリックさだったので、活躍することなく世間から排除されていきましたが。

ただ、YouTubeにある「〇〇をしてみた!」系のエキセントリックなものは、見ていて面白いものばっかしなんですよね。もちろん「それって道徳的にどうなの?」と感じる部分もあるけれど、心の奥底では楽しんでいる自分がいるんですよ。

そしてこの感情は僕だけじゃなく、”一般的な大多数の常識人”が同じように感じているからこそ、100万回再生を余裕で突破してる動画になっています。

そしてYouTubeなら広告主との直接的なやりとりがないぶん、ある程度自由にコンテンツが作れますしね。これからはちょっとづつ規制が厳しくなりそうですが、“一般人の心をいい方向に動かせるエキセントリックな人間”は、これからもインターネットを中心に活躍していくでしょう。

エキセントリックな人間にならないと成功できない

逆に言うと、一般人である僕らはエキセントリックな人間にならなければ成功できないことでもあるんじゃないかなと。例えば

「私はMARCH(もしくはそれ以上)の大学を卒業しました。」

って言っても、そんな人は世の中にゴマンといるわけですから、価値としては低いわけです。もちろん世間一般的な評価は高いけど、いまは上っ面よりも、「で、あなたは何をしてきたの?(何ができんの?」が問われている時代です。

古市さんの最後のツイートにもありますが、結局は自分自身が何をできるのか結果として証明するしかないのかなと。そして結果を出すには、ある種のエキセントリックな人間にならなければいけないのかな、と僕は感じています。

ただ、ですよ。エキセントリックなことをすれば、結果はかなり簡単に出せてしまうんですよね。

今からスマホ片手にコンビニに行って、おでんをツンツンする動画を撮ってYouTubeにあげれば、軽く100万回再生はいくでしょうからね。まぁ炎上して警察沙汰になるのは間違いないですが…。

そこが古市さんの言うところの『ただ奇抜なだけなのか、不合理な常識から距離があるゆえに奇抜に見えるのか』の違いで、エキセントリックなことをして成功するなら後者にならなければいけないなと。いくら成功したいからって奇抜なことしても、世間から除け者にされたくはないですからね。

で、そのためにはやっぱり、ある程度の一般常識も必要なんですよね。だから大学で真面目に取り組むとか、言われたことをしっかりやるってのは、実はとっても大事だったりするんじゃないかな。

ただ、その一般常識の中で収まってしまうと成功しないよね。だって、「常識であること=正しいこと」ではないんだから、そんな人が誰かに大きな影響を与えられるはずがないよね。

そんな世間の常識と非常識の境目にある微妙なところを突いて、世の中を刺激していきたいですね〜。ここら辺はもう”センス”としか言い表せないんですが、僕は少しづつ自分の壁を壊して、エキセントリックな人間になっていきますよ!

そんな感じっ!

SPONSORED LINK