カウンセリングを受ける人

カウンセリングで受けるお悩み相談の事例27個

SPONSORED LINK


こんにちは。カウンセラーのみやあきです。

初めてのカウンセリングってとても緊張してしまいますよね。

「私のような悩みでもいいのかしら…」
「こんな内容でもカウンセリングが受けられるのかな…」
「どんな対応をしてくれるんだろう…」

といった不安を感じるのはとても自然なことです。

そこで今回は、実際にどのようなカウンセリングを受けているのか、また僕がどのように対応しているのかを知ってもらうために、ここに事例(サンプル)を27個まとめました。

この事例を通してみなさんにお伝えしたいことは、「悩みの種類も解決方法も、ひとそれぞれ違うんだよ。」ということです。

100人いれば100通りの悩みがあって、解決方法も100通りあります。

もちろん、あなたが抱えている悩みや不安も誰1人として同じものはありません。

どんな相談内容でも真摯に対応しますので、お気軽に連絡しに来てくださいね。

事例を紹介しています。
ここで紹介している相談内容は事例(サンプル)です。実際のカウンセリング内容がこのような形で公開されることはありませんのでご安心ください。

夫の両親との関係について
名前
田中 マユミさん
年齢
28歳
職業
専業主婦
相談内容
みやあきさん、はじめまして。
カウンセリングをよろしくお願いいたします。
 
私は、夫の両親と、夫、3歳になる娘の5人で生活をしています。
ですが、夫の両親との関係が、どうしてもうまくいかないことで悩んでいます。
 
夫のお母さんはとてもいい人なのですが、ことあるごとに、私に「あれをしなさい!」や「母親なんだから、もっとしっかりしなさい!」と、私の子育てに指図をしてきます。
娘が生まれたばかりの頃は一緒に喜んでくれたのですが、娘が成長するにつれて口調がとても厳しいものになっていきました。
 
しかも娘が生まれたばかりの頃は、先生から病院で「新生児にに無理に白湯を飲ますことはない!」と言われていたのにも関わらず、無理やり飲ませようとしたり、泣きやますために無理やりおしゃぶりを加えさせたりと、まるで自分の子供のように世話を焼いてくるのです。
もちろん世話を焼いてくれるのは嬉しいのですが、病院の先生からの指示を無視したり、私を差し置いてお世話しようとしてくるのが、とても気に入りません。
 
夫のお父さんにも相談してみたのですが、「お母さんがやってくれてるんだから、感謝するべきだ。」といってきます。
夫にも相談してみたのですが、「お袋が世話をしてくれているんだから、楽になれていいじゃん!」と、私の話を理解しようとしてくれません。
 
誰にも理解されない私の考えがおかしいのかな…間違っているのかな…と思って、今回カウンセリングを受けさせていただきました。
 
夫にも、夫の両親にも感謝はしているのですが、私には私のやり方で、自分の子供を育てていきたいのです。
かといって、この思いを伝えようとしても理解してもらえないしで困っています。
 
なにかいい方法はありますでしょか?
こんなお恥ずかしい話をしてしまい申し訳ありません。
どうぞよろしくお願いします。
みやあきから一言
みやあき
マユミさんは夫と夫の両親に自分の考えをなかなか理解してもらえないことで苦しまれているのですね。
自分の意見をまったく聞いてもらえないのは、誰にとってもストレスになるものです。しかも子育てとなればさぞお辛い思いをされたことでしょう。ご連絡していただいてありがとうございます。
 
今回マユミさんはアドバイスを求められていますが、僕から一方的に解決方法を提示するだけではいいカウンセリングとは言えないので、実際のカウンセリングではマユミさんに考えていただき、ベストな解決方法を見つけ出すお手伝いをさせていただきます。

酒癖の悪い父親の暴力について
名前
佐藤 マサルさん
年齢
21歳
職業
大学生
相談内容
こんにちは。よろしくお願いします。
父のことで相談したくて、カウンセリングをお願いしました。
 
僕の父は、お酒を飲むとすぐにカーッとなり、暴力を振るってきます。
僕の母と妹は、そんな父と10年近く耐えながら一緒に過ごしてきました。
でも先日、酒に酔って帰ってきた父が母に暴力を振るい、母が骨折してしまいました。
 
僕は母に「離婚したほうがいい」と何度も説得してきたのですが、母は「お酒を飲んでいないときは、すごくいい人なんだから…」と、いつも聞き入れてもらえません。
たしかに、酒を飲んでいないときに父は「悪かった…」と謝ってくるのですが、また酒を飲んで暴れるの繰り返しです。
いつもならそんな母の気持ちを尊重してこれたのですが、今回ばかりは骨折という大怪我をさせてしまったとあって、母の気持ちを素直に受け入れることができません。
 
それと、僕は来年の4月に大学を卒業して、社会人として働くようになります。
職場が実家から遠いので、一人暮らしを始めようと思ってるのですが、こんな酒癖の悪い父を放っておいたまま、母と妹を置き去りにすることなんてできません。
いつもは暴れる父を僕が抑え込んでいるのですが、母と妹だけでは絶対に無理です。
このまま僕が実家を離れることで、母と妹が怪我をしてしまったらと思うと、とても心配で仕方がないのです。
 
母に離婚を決意させるには、どうしたらいいでしょうか?
よろしくお願いします。
みやあきから一言
みやあき
マサルさんは、暴力を振るう父を置き去りにすることで、母や妹が怪我をするのではないかと心配されているのですね。
父も家族の一員とはいえ、暴力を振るうとなると現実的な手段が必要になるかもしれません。
 
母や父の行動を変えようとすることももちろん大切ですが、それよりも大切なのはマサルさん自身がどんな気持ちで家族と向き合い、どう行動すべきかを決めることです。
どんな理由があろうとも暴力を振るうことは決して許されませんので、場合によっては警察などに連絡する手段も考慮しながら、マサルさんの納得する方法を探していきましょう。

主人の兄弟と、お母さんについて
名前
宮下 クミコさん
年齢
47歳
職業
主婦・会社員
相談内容
カウンセリングよろしくお願いします。
初めての方に身内のことを相談していいものかととても悩みました。
私がこれから相談する内容は、絶対に誰にも言わないでください。
もし家族に知られてしまうと、私はもう生活することができなくなってしまうからです。
改めてよろしくお願いします。
 
私は今、主人の母親との同居でとても悩んでいます。
主人の母は結婚する前から変わっている人だったのですが、これまでは別々に生活してきたのでとくに気にすることもなく、距離を置いて生活をすることができました。
 
でも、去年の暮れ頃に主人の父がガンで亡くなりまして、主人の母が一人暮らしをすることになってしまいました。
もう年齢的なこともあるので、同居をしたほうがいいと主人から押し付けられているのですが、私は主人の母と一緒に生活をしたくありません。
私の主人は3人兄弟の三男です。長男は結婚もせず仕事で海外を飛び回っているので面倒が見れません。
二男は結婚して海外に住んでおり、子どもの学校などの関係もあるので、一緒に住むことはできないと言ってきます。
 
現状を考えると、私たちの家族と一緒に住むというのが手っ取り早いのですが、問題は主人の母の行動なんです。
なにやら変な宗教にはまっていて、その考え方を私たちに押し付けてくるのです。
先日は「魔除けになるから」と、変な置物を買ってきて、私たちの家にまで置こうとしてきたんですよ。本当に気持ちが悪いんです。
さらに毎日占いをしていて、運勢が悪い日になると外に出たり旅行をすることができなくなります。
 
これまではそうしたお節介があっても、別々に生活していたので関係なく家族で出かけることもありました。
しかし、一緒に住むとなるとそうもいかなくなってしまいます。
主人は母親の言うことを疑いもせず、すべて認めてしまうのですから困りものなんです…。
 
私の子どもたち話をすると、やはり一緒には住みたくないといいます。
当然ですよね…変な宗教にはまって、自分の考えを押し付けてくるんですから。子どもでも嫌なことは、大人の私だって嫌です。
どうにかできないものかと考えているのですが…どうしていいのかまったく分かりません…。
みやあきカウンセラーから一言!
みやあき
クミコさんは、変な行動をとる旦那さんのお母さんとの関係でお困りなのですね。
たとえ宗教ではなくても、自分の考えを人に押し付けてくる相手と一緒に過ごしたいと思うのは難しいことですから、クミコさんのお気持ちはなにも間違ってはいません。
 
お話を伺うと、クミコさんと子供たちは同居に反対しているようですが、旦那のお母様はどんな形を望まれているのでしょうか?
また、もしかすると旦那さんは長男だと言うことで母親の責任を背負っているのかもしれませんが、旦那さんだけでなく、兄弟みんなのお母様です。
クミコさん一家だけで考えるのではなく、兄弟と協力することで解決への道が見つかるかもしれませんので、もうすこし状況を細かく話し合っていくなかで、クミコさんが望む形での集結を見つけるお手伝いをしていきます。

夫の浮気について
名前
宮本 ユウカさん
年齢
42歳
職業
主婦
相談内容
こんにちは。はじめまして。
カウンセリングよろしくお願いします。
 
私は、夫の浮気に悩んでいます。
夫は学生時代からよくモテていて、結婚する前に付き合っていた時から、何度も浮気をされていました。
その度に「ごめん、もう浮気しないから。本気で好きなのはお前しかいないから。」と誤ってくれるので、許してきましたが、今回ばかりはもう許せそうにありません。
 
子供が生まれてからは、子どもの面倒をよく見てくれるし、休みの日には車で遊園地などに連れて行ってくれるので、私にとってはいい夫であり、いい父でした。
でも、去年の冬頃あたりからですかね。
いつもなら仕事を終えたらすぐに帰ってくるのに、なんだか忙しいみたいで遅くに帰ってくることが多くなってきました。日によっては深夜になっていたこともあります。
最初は本当に忙しくなったと思っていたんですが、先日、主人がお風呂に入っている隙に、こっそりバッグの中を覗いてしまいました。
すると、私の知らない携帯電話が入っていたのです!しかも、知らない女性とラブラブのメールをしている履歴まで残っていたんです。
 
すぐに夫を問い詰めたかったのですが、もし問い詰めたことで「離婚したい」と言われてしまうと、私と子どもたちは生活することができなくなってしまいます。
でも、このまま一人で誰にも言わずに我慢しているのが辛かったので、今回こうしてご相談させていただきました。
離婚を覚悟してでも、夫としっかり話し合うべきなんでしょうか…。
 
なにかアドバイスがあればよろしくお願いします。
みやあきカウンセラーから一言!
みやあき
ユウカさんは夫の浮気で悩んでいるのですね。しかも謝っているのにもかかわらず、一度ではなく何度も繰り返されてしまうようではさぞお心苦しいことでしょう。お気持ちお察しいたします。
 
ユウカさん自身がどのような形なら、自分の気持ちを本当に納得させることができるのかを一緒に探ることがカギになりそうです。
たとえ離婚を望まれていたとしても、経済面や子供達ことなど現実的なことを考慮すると、安易に決めてしまうのは将来に不安を残してしますから、賢明な判断とはいえないでしょう。
様々なケースを予測しながら、ユウコさん自身が納得できる形で夫の浮気と向き合っていける方法を見つけるお手伝いをしていきます。

余命宣告された夫との関係について
名前
高取 ケイコさん
年齢
58歳
職業
専業主婦
前回までの相談内容
前回までのカウンセリングでは、医師から「余命6ヶ月」と告げられたケイコさんの夫との関係を修復するために、できることを一緒に考えていきました。
ずっと夫婦仲が悪かったケイコさんご夫婦でしたが、夫が余命を宣告されてからは「死んでほしくない」と思うようになり、せめて残りの時間を大切に過ごしたいということをお話しされました。
今回はその続きです。
相談内容
こんにちは。だいぶ冬も本格的になってきましたね。暖かくしてお過ごしください。
 
私は前回のカウンセリングでお話ししたことで「主人のために最善を尽くすこと」が、今の私にできる精一杯のことなんだと理解し、今週はそれを行動に移すように努めました。
洗濯物を干してあげたり。料理を作ってあげたり。今までは喧嘩ばっかしでろくに口も開かなかったのですが、先日主人から「お前の料理って美味しいな。」と初めて褒めてくれました。
いままでじゃ考えられないことです。私も嬉しいやら恥ずかしいやらで、気持ちが空回りしてしまいました。でも、本当に嬉しかったです。
 
しかしその反面、もう長くはないんだなということを実感させられて、時々悲しくもなります。
私も夫もお互いの気持ちを素直に受け入れられるようになった今の時間はとっても大切ですが、その時間ももう限られているんですね。
もっと早く仲直りしていたら…というのを考えてしまうのですが、先日みやあきさんからのお話したことで、「過去のことを振り返るよりも、今この瞬間を大切にしよう!」と、頭のスイッチを切り替えることができるようにもなりました。
 
今は家で一緒に過ごしているんですけれど、もう少ししたら入院しなくてはいけなくなるかもしれませんね。私には子供もいませんので、一人ぼっちになってしまうのが少し寂しいです…。もっと長生きしてくれないかなぁと、願うばかりです。
 
なんだか愚痴っぽくなってしまいましたね、お話を聞いていただいて気持ちが楽になりました。
ありがとうございました。またよろしくお願いします。
みやあきから一言
みやあき
ケイコさんはカウンセリングを受けられた当初、過去の自分を振り返りすぎることで今の自分自身を苦しめていました。
しかし、今は自分の気持ちと正面に向き合ったことによって、夫との関係にもしっかりと向き合えるようになっているんですね。素晴らしいです。
 
今回のカウンセリングでケイコさんは終了を望まれているので、ここでカウンセリングはおしまいになります。
しかし、夫が亡くなてしまとまた悩まれてしまうことがあるかもしれませんので、そのときはいつでもカウンセリングを受けに来て欲しいとお伝えした上で、僕からもカウンセリングの終了をお伝えしようと思います。

母親の将来について
名前
山中 アツシさん
年齢
45歳
職業
会社員
前回までの相談内容
アツシさんは年齢を重ねてきた母親の将来に不安を感じるようになり、今回カウンセリングを依頼されました。
そこで前回は母親との同居を考えているということでしたが、アツシさんの奥さんに反対されて困っているとのことでした。
また、妹さんは身体障害を持っているので、母一人の面倒を見させることはできないのではないのか、ということにも悩んでいるいうお話をされたところで、前回のカウンセリングが終了しました。
今回はより具体的に、どうやったら同居ができるようになるのかを考えていきたいとの相談内容です。
今回の相談内容
今回もよろしくお願いします。
 
妻がどうすれば同居を認めてくれるのか、色々と考えてはみたのですが…。
車を買ってあげること、欲しがっている服を買ってあげることなど、妻が望むことならなんでも叶えてあげて、妻には迷惑をかけず、自分が妹と母親の面倒をみるとか…。まぁとにかく、色々と考えてみたんです。
 
でも、結局は私には子供がいますから、働かなければなりませんし、一日中家にいる母親を、妻と妹の二人で面倒を見させるワケにもいかないのはわかりきっていることです。
しかも、今の妻とは仲が悪くなってしまったので、これ以上説得しても同居してもらえるようにはならない気がしてきました。
 
だから、妻に同居を同意してもらうよう説得するのではなくて、同居をしなくても母と妹が今以上に不自由なく生活する方法はないかを考えてみたいんですけれど、いかんせん、私には知識がありません。
今、ヘルパーさんが家に来て家事をしてくれているんですよね?なので、母と妹の世話を、ヘルパーさんにお願いすることはできるのでしょうか?
サービスを受けるには、なにか条件とかあるのですかね?
どうぞよろしくお願いします。
みやあきから一言
みやあき
本当は母の面倒を見てあげたいけれど、現実的に難しいということが分かり、色々と考えられたんですね。少しづつでも着実に進歩しているようです。
そして現在は、同居を説得する以外の道を検討されているということなのですね。複数の選択肢を持たれるのはとてもいいと思います。

しかしながら、ヘルパーさんに関する知識はカウンセラーの専門知識外ですので、こちらから安易にお答えすることはできません。
他の専門機関があるかもしれませんので、そちらを探していくことが問題解決へと進むには最適な道となりそうな場合はこちらからそうアドバイスさせていただきます。

不妊についての悩みから離婚問題へ
名前
高山 ミナコさん
年齢
38歳
職業
会社員
前回までの相談内容
ミナコさんは子供ができないとのことで悩みカウンセリングを依頼されてきました。
なかなか子供ができずに病院で検査を受けると、ミナコさんではなく、夫に原因があるとのことでした。
 
前回(6回目)のカウンセリングでは、「離婚したほうがいいのではないか?」という内容が語られ、「子供ができない挙句に、夫との仲が悪くなってしまったのでもう我慢ができない」と感情が高ぶっていました。
今回の相談内容
こんにちは。
いきなりなのですが、先日、夫から「離婚してほしい」と別れを告げられてしまいました。
本当は私から切り出そうとしていたんですが、彼も今の私との関係に限界を感じていたようです。
 
彼は私に「お前は、俺と結婚したかったから結婚したんじゃなくて、本当は子供が欲しかったからなんだろう?」と言われ、思わずその場で泣いてしまいました。
普段は絶対にこんなことを言わないのに、いまは「相手は別に俺じゃなくてもいいなら、別れたっていんじゃね?」と酷いことを言ってきます。
私は子供を作るためだけに結婚したんじゃないんです。彼と結婚して、彼の子供が欲しかった、ただそれだけなんです。
それがそんな風に言われてしまうと、もう立ち直れそうにありませんし、関係も修復できそうにありません。
 
でも彼はきっと、自分のせいで子供ができないことを知って、責任を感じてしまっているんだと思います。
病院での検査の結果を、彼に伝えてしまったのが悪かったのでしょうか?私の責任なんですかね。
女として生まれた以上、好きな人との子供を産みたいという気持ちはきっと分かってもらえると思っていたのですが…本当に残念です。
彼とこんな形で離婚していいのか、とても悩んでいます。なにかアドバイスをください…よろしくお願いします。
みやあきから一言
みやあき
不妊についての悩みから夫婦での離婚問題に変わられたのですね。
前回もお話しましたが、ミナコさんがすべての責任を感じてしまう必要はありませんよ。真実を伝えるというのは信頼関係の築かれた夫婦にとっては当然のことでしょう。
 
ミナコさんはアドバイスを求められていますが、もちろんこちらから「離婚すべきだ」、もしくは「離婚はしないほうがいい」など提案することはできません。
どんな形にしても、まずはミナコさん自身の気持ちを整理させることがよりよい決断をする上で必要不可欠ですので、その旨をお伝えした上で一緒に方法を探していくお手伝いをします。

10歳の子供の生活態度について
名前
皆川 アキコさん
年齢
34歳
職業
主婦・会社員
相談内容
はじめまして。みやあきさん。
カウンセリグよろしくお願いします。
10歳になる息子のことでご相談があります。
 
私の息子は昔から落ち着きがない子でして、よく学校の先生から呼び出されてお説教ではないんですが、息子の授業の様子などをお話されることがあります。
先日は「授業中に隣の席の子にちょっかいを出したり、突然歩き始めたりして勉強の邪魔をする。一度専門家に見てもらったほうがいいのではないか。」と言われました。
 
そこでみやあきさんの記事に出会い、カウンセリングをお願いしてみたのですが…。
息子が何を考えているのか、私には全くわかりません。母親失格と思われてしまうかもしれませんが、機嫌のいい時と悪い時の差が激しすぎて、最近はどう接していいのかすら分からないのです。
私の言うことも、全く聞いてくれません。
 
担任の先生に言われたことを昨晩、主人に相談しいて見たんですが「俺は夜遅くまで働いて疲れているんだよ…。子供なんて大体あんなもんだろう」とまともに取り合ってもらえませんでした。
だいたいですね、主人は子育てに無関心すぎるんですよ。よく飲みにも出かけて酔っ払って帰ってきますし、子供の運動会や授業参観、入学式までも参加してくれませんでした。
いつもイヤイヤな顔をして子供と向き合ってるから、こんなことになったんです。何もしてくれない主人にいい加減腹が立っているんですが、いくら言っても聞いてくれません。
 
そんな中、今日担任の先生にこんなことを言われてしまったので心配になってしまいまして…。
私の子育てが間違っていたせいで、息子は落ち着きのない子に成長してしまったのでしょうか?
よろしくお願いします。
みやあきカウンセラーから一言!
みやあき
息子さんの生活態度が悪いこと、そして旦那さんが子供の問題に向き合ってくれないことに対して不安を感じていらっしゃるのですね。
子どもは様々な環境で成長していきますから、決してアキコさんだけの問題ではないはずです。自分を責めすぎることでアキコさん自身が動揺してしまうと、子供にも影響してしまいかねませんから、こうしてカウンセリングを受ける中でまずはアキコさん自身の不安と向き合っていくことが問題解決の第一条件です。
 

今回はメールでのカウンセリングだったため、実際に子供の様子を見ていないのですが、このような場合はADHD(注意欠陥/多動性障害)の可能性も考えられます。
児童相談所などの専門機関へ繋ぐことも考慮しながら、アキコさんが望むゴールを設定して、そこに向かって行動していけるようなお手伝いをしていきます。

働かない子供の仕事について
名前
田中 コウスケさん
年齢
55歳
職業
会社経営
相談内容
初めまして。よろしくお願いします。
&nbsp
私の息子は今年で25歳になります。
大学生のときは普通の生活をしていたのですが、就職がうまくいかずにしばらくフリーターとして働いていました。
そして最近は、ずっと家にこもりっぱなしなのです。
 
私は会社を経営していて、息子が大学に通う前から「いつか会社を継いでほしい」とお願いをしていましたし、そのつもりで育ててきました。
でも、大学三年生の冬に「そろそろ、お父さんの会社の仕事を手伝ってみないか」と聞いたところ、「あんな会社で俺は働きたくない。違う会社に就職する。」と、きっぱり断られてしまいました。
 
何度もなんども説得したのですが、息子は私と似ていて頑固な性格というのもあって、まったく話を聞いてくれません。
ついには勝手に就職活動を始めてしまったので、「まぁどんな形でも、きちんと社会人として働いてくれたらそれでいいか」と諦め、息子の好きなように生活させていました。
 
でも、まさかそれがこんな結果になるなんて…本当にショックです。
こんな時代ですから、就職が難しいことなんてわかっているつもりなのですが、25歳にもなって働きもせず、ずっと家にこもりっぱなしの息子をどう思いますかね?
私はもう心配でならないのです。
妻と息子はたまに会話をしていますが、私とはまったく口を聞いてくれないので、きっと嫌われているんだと思います。
もうどう接していいのか、なにが息子のためになるのか全くわかりません。
 
私はどうしたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。
みやあきカウンセラーから一言!
みやあき
25歳の息子さんの就職状況について悩まれているのですね。
僕は働かない息子さんが悪いとも、育てたお父さんお母さんが悪いとも思いません。人それぞれの人生の中で、息子さんもきっと悩まれながら実家で過ごされているのだと思います。

今回お話を伺うと、解決したい問題が「息子との接し方」と「息子の将来について」の2つがあることが分かりました。
これらの問題を同時に解決していくのはとても難しいので、まずはどちらから解決したいのかを決めていただき、焦点を絞りながらコウスケさんが望まれるゴールを設定していただき、その上で解決できるようお手伝いしていきます。

息子たちの激しい喧嘩について
名前
遠山 ナオミさん
年齢
36歳
職業
専業主婦
相談内容
こんにちは。
子供たちのことでご相談があります。
どうぞよろしくお願いします。
 
私には、8歳になる息子と10歳になる2人の息子がいるのですが、兄弟喧嘩が本当にひどくて困っています。
1度喧嘩を始めると、もう止めようがありません。
 
喧嘩の原因は、お菓子やおもちゃの奪い合い、テレビの見る位置の奪い合い、お互いの考えが違うことによる言い争いなど、よその兄弟と同じような内容なんですが、最近になって力のついてきた兄が、弟にひどく暴力を振るうようになりました。
殴ったり蹴ったりをするだけでなく、先日は弟を階段から突き落としたんです。
弟は頭を強く打って脳震盪っぽくクラクラしていたので、すぐに近くの病院へと連れていったのですが…。今回は大丈夫だったようです。
しかし、もういつ大きな怪我をしてもおかしくありません。
 
お兄ちゃんの方は同級生の中で身長も高く、力もかなり強い方ですのである程度は我慢してほしいのですが、弟に譲るという考えが全くなく、とても自分勝手なのです。
いくら私が怒ってもまったく反省しませんし、私が本気で怒って手をあげても無視したままです。
 
これまでの私の育て方が悪かったのでしょうか…。とても悲しくなります。いまのままでは、弟がとても可哀想です。
私はどうしたらいいのでしょうか?
みやあきから一言!
みやあき
息子さんの喧嘩、とくにお兄さんの暴力に悩まれているのですね。
どちらも大切な息子さん。しかし、力のない弟ばかりが酷い目に遭わされている状況を見るのは辛かったことでしょう。ご相談していただいてありがとうございます。
 
まずは、お兄さんがどうして弟に暴力的な行動を取ってしまうのか、その理由に焦点をあてていきましょう。
それからナオミさんにどんなことができるのか、どんな行動ができるのかを一緒に探っていきましょう。
お話の中にありましたが、暴力を振るうお兄さんに暴力で対抗するのは、あまりいい解決策とはいえないかもしれませんね。子供に「暴力を振るってもいいんだ」と思われかねません。
もちろん最後には現実的な手段を取ることも大切ですが、まずは息子さんとしっかり向き合い話を聞いてみることで、兄弟だけでなくお母さんとの溝が見えてくるかもしれません。
子供といえど他人を変えさせるのは難しいので、じっくり進めていくことを提案させていただいた上で、どのように話し合えばいいのかを一緒に考えていきましょう。

いじめられている娘の不登校について
名前
遠藤 ミドリさん
年齢
37歳
職業
専業主婦
相談内容
初めてカウンセリングを利用します。
とても少し緊張しているのですが、どうぞよろしくお願いします。

私の悩みは、小学5年生になる娘のことです。
先週の火曜日の朝のことです。いつものように娘を起こすと、急に「学校に行きたくない」と言い始めて、それから今日の金曜日までずっと学校をおやすみしてしまいました。
これまでは学校が大好きで、友達と遊んだことや楽しかった授業のことなど、いろいろな話を聞かせてくれたのですが、先週から全然元気がなくて、家に帰っても私になんの話もしてくれなくなってしまいました。
 
いくら休みたい理由を尋ねても答えてくれなかったのですが、今日のついさっきですかね。やっと「学校でいじめられている」ということを話してくれました。
 
仲の良かった数人の女の子から無視をされているようで、休憩時間も仲間はずれにされているそうなのです。
これまでやっていた交換日記も回ってこなくなったようで、娘が近づくと笑いながら逃げていく…というのです。
 
娘に「なにか悪いことをしたの?友達を怒らせるようなことをした?」と尋ねてみると、頑なになって「何もしていない!」と言います。
泣きながら話す娘の姿を見て、私もおもわず涙がこぼれてしまいました…。
 
担任の先生には相談して見たのですが、今週になってもなんの返事もありません。
担任の先生が頼りなかったので、今回みやあきさんに相談をお願いしてみたんですけれど…。
このまま娘が学校に通えなくなってしまったらと思うと…不安で仕方がありません。
 
なにかアドバイスをください。
よろしくお願いします。

みやあきカウンセラーから一言!
みやあき
娘さんのいじめに、お母さんであるミドリさんも心を痛めているのですね。
しかしながら、娘さんは話を聞いてくれるお母さんがいたことで心強かったことだと思いますよ。子供はそうしたお母さんの姿を大人になっても覚えているものですからね。素晴らしいですね。
 
娘さんにとっては、担任の先生よりもお母さんであるミドリさんが一番の理解者です。そのためには、ミドリさん自身が抱えている不安からしっかりと抜け出しておくことが大切です。
娘さんのいじめがが酷い場合は早急に学校へ連絡を。そうでない場合は娘さんよりも、まずはミドリさん自身がどうすれば自分の不安をなくなるのかを一緒に探ったうえで、行動に移していけることを見つけるお手伝いをします。

娘の友達のお母さんとの関係について
名前
吉田 マリさん
年齢
26歳
職業
会社員
前回までの相談内容
前回は保育園に通う保護者との関係がうまくいかずに悩んでいるということでカウンセリングを依頼されてきました。
4回目のカウンセリングでは4歳の娘がいじめられているという事実が分かり、その母親たちが仲のいいグループでマリさんの陰口を言っているということで終了しました。
今回は、娘が保育園に行きたくないと言い出したため、保育園を変えようかと考え始めているというご相談です。
今回の相談内容
こんにちは。
前回も丁寧なご返事、本当にありがとうございます。
今回もよろしくお願いします。
 
先週、娘への嫌がらせがあまりにもひどかったので、保育園を変えようかと考えていたのですが、保育園の園長先生がいじめていた男の子たちをひどく叱ってくれまして、その男の子たちの保育園全員と話し合いの時間を持ってくれたようです。
その結果なのかわかりませんが、娘は保育園に行くのが楽しいというようになりました。入園したときからなかの良かったママ友の娘が、私の娘のことをかばってくれて、そのママ友から「せっかく友達になれたのに、違う保育園に行くなんて寂しい…」と言ってくれます。
 
その保護者たちは、私たち親子に対してだけでなく、実は他のお母さんに対しても嫌がらせをしていたようで、園長先生や保育園の先生たちも困っていたようです。
今後も今みたいに落ち着いてくれるのかわかりませんが、とりあえずは今の保育園を続けていこうと思っています。
 
みやあきさんにお話を聞いていただいたことで、気持ちがすっきりした状態で娘やママ友と接することができました。本当にありがとうございます。
今回でカウンセリングは終了したいと思います。
改めてありがとうございました。
みやあきカウンセラーから一言!
みやあき
前回はマリさんのお悩みにこちらから行動を提案さていただきましたが、今回はマリさん自身で解決方法を見つけていくことができたのですね。素晴らしいです。

このように、途中であっても問題が解決した場合や、中断したい場合はいつでもカウンセリングを終了することができます。
今回でマリさんは終了を望まれましたので、最後に僕からご返信をしてカウンセリングは終了という形になります。
また困ったときはいつでもご連絡してください!

両親の離婚と別居について
名前
渡辺 ミキさん
年齢
16歳
職業
高校生
相談内容
みやあきさん、初めまして。
よろしくお願いします。両親のことについて、ご相談があります。
恥ずかしいので絶対に誰にも言わないでください。
 
うちの両親ってずっと仲が悪くって、ついには離婚することになったんですけど、どっちについてくかっていう話になっていて、今とても悩んでいます。
「どっちかを選ぶなんて嫌だ!」といったのに、もう今月中に決めないといけないんです。あと1週間もないし…。
父親について行くにしても、母親について行くにしても、今の高校にはかよえなくなっちゃうので、いっそのこと一人暮らしをしようかな。なんてことも考えています。
でも…働きたくないし、高校には通っていたいです。本当は辞めたくありません。
 
家に帰っても誰もいないし、お父さんは帰ってこないし。本当にうちの両親って最低なんだ。
おかあさんは遅くまで仕事をしているので、晩御飯はいっつもコンビニのお弁当だし…。私のことなんてどうでもいいんだろうね。
あんな家には帰りたくない。もう全部が嫌。私なんて、いなくなってしまったほうがいいのかもしれない…。
みやあきから一言
みやあき
両親の事情でとても辛い思いをしているんだね。両親は最低だとしても、こうして人の自分の悩みを話すことができるミキさんは立派だと思うよ。相談してくれてありがとう!
 
このような高校生のお悩みにもお答えしていますが、まだ自立するには早い時期の学生に、現実的な手段を自分で選ばせるのは簡単ではありません。
なので、僕としては相談していただいた内容をもとに簡単なアドバイスをした上で、決して行動を強要することなく、心のケアを中心にカウンセリングをしていきます。
もちろんここで紹介している相談内容は事例ですが、実際のカウンセリングの内容がこのように公開されることはないので安心してくださいね。

学校が嫌いなマイさんのお母さんから
名前
田中 マイさん
年齢
11歳
職業
小学5年生
前回までの相談内容
マイさんのお母さんからご連絡をいただき、学校が嫌いで半年前から学校を休んでいる娘さんの相談に乗って欲しいとのカウンセリング依頼を受けました。
前回はどうして学校が嫌いなのかや、友達との関係、家族との関係など、ご両親には話すことのなかった内容をお話ししてくれました。
今回その続きです。
今回の相談内容
学校が嫌いなのは、人がたくさんいるからなのと、みんなで同じことをするのが嫌いだから。
 
それより昨日ね、友達がたくさん家に来てくれて、みんなでホットケーキを焼いたんだ!
果物もたくさん乗っけて、生クリームも作ったんだよ。
ひっくり返すのが難しくって、私のホットケーキは綺麗に丸い形のができちゃった。
でもとっても美味しくできたんだよ!
 
みやあきさんは、どんなお菓子が好きですか?
ホットケーキを焼いたことってあるんですか?教えてください!
みやあきカウンセラーから一言!
みやあき
学校が嫌いなのは、みんながいるからなんだね。教えてくれてありがとう!
ホットケーキは焼いたことあるけど、僕もひっくりかえすのが苦手で、よく丸い形になっちゃうよ^^;僕と同じだね。
昨日は友達と一緒に遊んだんだね!学校の友達なのかな??
マイちゃんは好きなことだったら、みんなと一緒にいることができるんだね!
ってことは、学校でも好きなことと、嫌いなこととかあるのかな??もしよかったら、マイちゃんの好きな授業とか嫌いな授業とか教えて欲しいな!
僕は学生の頃はね…
 
といったように、マイさんのようなお子さんにもカウンセリングを行なっていますが、カウンセリングをしているうちに本題からずれていくケースがよくあります。
そんなときは無理に本題へと戻そうとするのではなくて、相手の意図を汲み取りながら、その中に本題を含めながら向き合っていくことを心がけていきます。
また、感情の読み取りが難しいお子さんには「芸術療法」といった、絵を描くことによる心理療法を実施することもできますので、お子さんに関するご相談も受け付けています。

会社に行けず働けなくなったことについて
名前
伊藤 タケシさん
年齢
39歳
職業
会社員
相談内容
こんにちは。みやあきさん。
カウンセリングよろしくお願いします。
 
私の悩みは、会社に行けずに働けなくなってしまったことです。
こんな自分がとても情けないのですが、どうしても今の生活を立て直したいと思ったため、みやあきさんに相談することにしました。
 
会社に行きづらくなってしまったのは、先月のとあるプロジェクトが失敗したことです。
私の担当していた箇所で、渋滞な欠陥が見つかり、そのせいでチームのみんなで作り上げたプロフェクトが台無しとなってしまったのです。
会社のチームメイトだけでなく、お客様まで怒らせてしまい、みんなを失望させる結果となってしまいました…。
それ以来、すっかり自分に自信をなくしてしまったのです。
 
こんなにも大きな失敗をする前は、自分のやる仕事にとても自信がありましたし、仕事自体も本当に楽しんでやっていました。
自分で言うのもあれなんですが、すごく生き生きとやれていたと思うんです。だけど、今はもう会社に行くことすら億劫になり、周りの目線も怖いです。
 
こうなったらもう責任を取る形で今の会社を辞めて、新しい仕事に就こうかとも考えたのですが、私には家庭があります。
3歳の娘と、中学三年生になる息子がいます。金銭面のことを考えると、簡単に会社を辞めるわけにも行きません。
 
こんな父親ではいけない、頑張らないととは思うのですが、心のどこかでは「また失敗したらどうしようか」という不安があります。
実は会社に行くのが怖くて、この1週間は妻に内緒で会社を休んでいたのです。
近くのファミレスでボケっとしながら時間を潰したのですが、心の不安がなくなることはありませんでした。
 
私はこれからどうしたらいいのでしょうか?
みやあきから一言
みやあき
失敗にして挫折したときは誰もが絶望感を味わうものですが、タケシさんの場合はより強く感じてしまっているのだと思います。
どのような規模のプロジェクトをどんな形で失敗したにせよ大切なのは今後の姿勢ですよね。その気持ちがあるタケシさんならより良い解決方法を見つけることができるでしょう。
 
お話では「家庭やお金のことなど現実的な問題をどうにかしたい」という問題と、「心の不安をなくしたい」という2つの問題を抱えていらっしゃいます。
この場合は、まずタケシさん自身が不安をなくすことに焦点を当てたほうが、物事がスムーズに進むのではないかと思いますので、まずその旨をお伝えします。
それから現実的な手段(続けるか転職するのか)を決断すれば、より良い結果がついてくるでしょう。

信じられない会社の上司について
名前
水島 ジュンイチさん
年齢
26歳
職業
会社員
相談内容
初めまして。カウンセリングよろしくお願いします。
相談したいのは私の会社の上司のことです。
 
僕は今、先輩の社員と一緒に営業の仕事をしています。
その先輩はよく営業先でお客様の悪気をいったり、お客様のところで自分の会社の悪口をいったりと、とにかく態度が失礼なのです。
しかも、先日は営業の途中でパチンコに行こうと誘われました。もちろん私は断りましたけど、もう信じられないことばかりです。
 
上司に相談しようとも思ったのですが、その先輩からは「会社には絶対に内緒だぞ!」と笑いながらも念入りに忠告されています。
営業は僕と先輩のふたりで回っているので、もし上司にバレるとなると、僕がバラしたことを疑われてしまいます。
 
僕の会社は社員が20人ほどの人数が少ない会社ですが、先輩は社員から人気があります。
営業力はすごいし、会社ではトップクラスの営業マンです。
僕は先輩の仕事を教えてもらうために先輩について回っているのですが、いくら営業成績がいいからといって、これらの行動は許されないと思うんです。
 
でも先日、一緒にパチンコに行こうと誘われて、断りきれずにずっとパチンコ屋に付き添うことになってしまいました…。
僕も同罪なのかもしれませんね、もうどうしたらいいのか…。
 
よろしくお願いします。
みやあきから一言!
みやあき

仕事中にパチンコをしている上司にお困りなんですね。ジュンイチさんのおっしゃる通り、いくら営業成績が良くてもこれらの行動が許されていいはずがありません。
 
社員にバラすか、バラさないかというよりも、どうすればジュンインチさん自身の心が軽くなる決断ができるのかを考えた方が、ネガティブな要素を含まずに行動できるので、まずはそこに焦点を当てて考え、それから行動していくことが大切になるでしょう。

うつ病で仕事ができない
名前
畑山 ナオトさん
年齢
39歳
職業
会社員
相談内容
私の症状についてお聞きしたいことがあります。
よろしくお願いします。
 
私は工場で働いているのですが、仕事のミスが多くてとても困っています。
朝起きるのはとても辛いですし、仕事に行ってもぼーっとしてしまうことが多く、先日は部品の検品をミスしてしまい、数を10個も数え間違えてしまいました。
しかも、そのなかには欠陥商品があったりして…。周りに迷惑をかけてしまっています。
 
こんな仕事のできない僕ですので、毎日のように上司からひどく怒られている日々が続いているのですが、どんなに怒られても頑張ろうとは思えないのです。
むしろ勝手にしてくれといった感じで、上司のいうことを聞き流すスキルすら身についちゃいました。
僕だってミスをしないように気をつけているのですが、どうしても頭が働かないんですよね…。
頭痛もひどくて吐き気がすることもありますし、仕事が手につかないこともあるんです。
 
これはもしかしたらうつ病なのかもしれない…と心配になって、みやあきさんの元へカウンセリングをお願いしにきました。
私はうつ病なのでしょうか、教えてください。
みやあきカウンセラーから一言!
みやあき
ナオトさんは鬱っぽい症状で仕事が手につかないことでお悩みなのですね。いくら頑張ってもやる気が出ないことから、こうして自分の症状に気づかれたことはとても素晴らしいです。
 
仕事の進捗状況についてお話ししたいとのことでしたら僕がお話をお聞きすることはできるのですが、本当にうつ病だと診断されるような症状を抱えている場合はカウンセリングの専門外となりますので、精神病院か心療内科をおススメさせていただくことがあります。
いずれもしても、ナオトさんのような場合にはまずあまり自分を責めすぎないようなアドバイスをさせていただきます。

SPONSORED LINK