悩み

カウンセリングを受ける本当の意味は、苦しみの原因を知ることにあります。

SPONSORED LINK


「なぜ人は悩み、苦しみを抱えてしまうのか?」

この質問に答えられるようになったら、きっと誰もが悩みのない人生を送ることができるようになるでしょう。

しかしその答えがわからないからこそ、人は多かれ少なかれ悩みを抱えていて、それに苦しめられてしまうのです。

ではこの問題を解決するはどうしたらいいのでしょう?

この問題に対して、1つ1つと向き合っていくのはもちろんですが、本質的な解決策を見つけることに、カウンセリングを受ける本当の意味があります。

今回は、そんな人の悩みについてのお話と、僕がカウンセリングでどのような取り組みをしているのかをご紹介します。

あなたが苦しみから抜け出す方法は、必ずあります。

そのために僕ができることは、簡単だからこそ見落とされてしまっている、とてもパワフルなことなんです。

SPONSORED LINK

人はなぜ悩み苦しむのか?

現代社会に生きるほとんどの人たちが、悩み事を抱えながら、多かれ少なかれ苦しんで生きています。

家族のこと、友人のこと、恋人のこと、仕事のこと、お金のこと、将来のことなどなど、挙げだしたらキリがないほどに悩みの種類はたくさんあり、このまま考え続けていれば、もしくは時間が経てば、この苦しみからいつか解放されるのではないかと思っているのです。

しかし、悩んだり苦しんだりしてしまう原因は、実は悩みの種類に問題があるのではくて、悩みの構造そのものに問題があるのです。

建築で例えるなら、建築方法に問題があるのではありません。家を建てている地盤そのものに問題があるのです。

どんなに強固な家を建てても、地盤が泥濘んでいたら役には立ちませんよね。

これと同じように、悩みの原因を見つめ直さない限り、本当の意味で苦しみから抜け出すことはできないのです。

ですが、現代社会ではこの”悩みの原因”についてなにも知らないため、ものごとの表面だけで解決しようと必死になってしまうのです。

もちろん問題なのは構造そのものなので、いくら表面を変えても上手くいきません。

一時的には解決されるかもしれませんが、今度はいつ崩壊するか分からない恐怖と、また戦わなくてはいけなくなるのです。

悩みや苦しみの本質を理解する重要性

この”悩みや苦しみを生み出している本当の原因”を見つけだすことに、カウンセリングを受ける本当の意味があり、価値があります。

これはカウンセリングでもあまり取り扱っているところは少ないのですが、僕はクライアント自身で悩みの本質に気づいてもらえるように心掛けて取り組んでいます。

なぜかというと、例えばあなたは風邪を引いてしまったとします。そして風邪を治すために病院に行きました。

そこにいるお医者さんが、カウンセラーである僕だと思ってください。

お医者さんの写真

すると、普通のお医者さんであればあなたの症状を診断したら、薬局からその症状を治すための薬を処方してくれるでしょう。

これで風邪が治れば、お医者さんとしてのお仕事は完了です。しかし、これだけではいい診断(カウンセリング)とはいえません。

なぜなら、患者さん(クライアント)自身が風邪をひいた理由を、知らずに終えてしまっているからです。

このまま診断を終えても一時的には問題が解決しますが、おそらくその患者さんはまた同じような風邪を引いてしまうことでしょう。

もちろんカウンセリングにも時間的な制限がありますし、クライアントの抱えている悩みの早急な解決が求められることもあります。そういった場合には、まずしっかりと悩みを解決することを優先します。

しかし、本質から悩みの解決方法を知りたいという方に対しては、ただ悩みや苦しみを癒す方法を提供するだけでなく、悩みが生まれる原因についてまでお話させていただきます。

これによって、もしカウンセリングを終えた後に同じような問題と直面したとしても、自分で苦しみを増やすことなく、しっかりと状況に対応できるようになるのです。

まとめ

まとめになりますが、人が苦しんでしまうのは悩みそのものではなく、悩みを生み出している本質を知らないことが原因にあります。

その本質とは、簡単に一言で「エゴ(自我・Ego)」だとまとめることができるのですが、詳しくは別の記事で紹介していきます。

カウンセリングはあなたの抱えている問題を解決することを最優先していますが、僕はいつもこの本質から、あなたの悩みと向き合っていきますよ。

それが苦しみから抜け出す、唯一の方法なのですからね。

SPONSORED LINK