コンテンツの価値を表した画像

コンテンツにお金を払う時代はいずれ終わる。これからは体験が価値になるんだ!

SPONSORED LINK


コンテンツにお金を払う時代はいずれ終わりそうだね。

僕らクリエイターはお金とは別に、体験型の新しい価値を生み出さないと、コンテンツだけで稼ぐのは難しそうだなと感じたことのまとめです。

SPONSORED LINK

コンテンツにお金を払うのが当たり前ではなくなる

コンテンツにお金を払うって、僕らの世代でもイマイチピンときていない人は多いんじゃないですかね。

こないだ10年くらい前に友達とネットで会話していた履歴を見たら、音楽ファイルがどうのこうのって話をして共有してましたもん。もちろん合法的にでしたけどね。

まぁ現在21歳の僕は10歳くらいからインターネットを触って育ってきたので、同世代で僕のよう感覚を持っている人は少ないんじゃないかなと思うんですが、今の小学生くらいの年齢の人だったら「え、音楽?YouTubeやmp3ファイルでダウンロードできるじゃん?」って答えが返ってくると思いますよ。

それが違法であるかどうかというのは、第三者である僕らは介入できませんし、もやはインターネットが普及した今の時代は『そういうものである。』んですよ。コンテンツがばら撒かれるのなんて当たり前。

 

そして昨日は映画の『レ・ミゼラブル』を見たんですが、YouTubeで検索したら本編に使われている動画が何件もヒットしました。それらは5年以上前からアップロードされたもので、今もなお残り続けています。

僕はこういうコンテンツに対して、良い悪いという評価をしたくなんですよねぇ。

「インターネットの世界なんだから、そういうもんじゃない?」という、極めて客観的かつ楽観的にみています。

コンテンツは見てもらってなんぼ

というのも、コンテンツは見てもらってなんぼのもんなんですよ。どんな作品であれ、製作者なら多くの人に知ってもらいたいという思いが必ずあるはずです。

「私のコンテンツは見ないでぇぇぇ!」というのは、プロになれない2流か、素人が身内で楽しんでいるだけの人たちですから。

だけどその裏に絡んでいるのお金であり、著作権などの権利なんですよね。これをどこまで守るのか…というところが、コンテンツがばら撒かれるインターネットの世界の難しいところだったりします。

 

製作者があまりにも著作権を守ろうとすると、そのコンテンツの価値はかえって下がるでしょう。このレ・ミゼラブルの動画がYouTubeに上がっていることも、きっと製作者サイドは知っていると思いますよ。なんせ5年以上前からアップロードされている動画ですからね。

そのうえで、「まぁ…仕方ないか!」と黙認というか、割り切ってる部分ががあると思います。この動画は1000万回再生以上されていますしね…すごい影響力ですよ。

実際問題、言い方はあまりよくないですが、こういう違法にアップロードしてくれる動画のおかげで作品を知ってもらい、知名度を高めているコンテンツなりクリエイターは多いはずです。テレビ番組とか、YouTubeにアップロードされていなかったら若者はほとんど注目していないんじゃないかな。

僕もYouTubeとかネット以外でテレビ番組を見ないもんね!

未来のクリエイターは『コンテンツを通した体験を価値として提供する』だろう!

テレビ番組も、YouTubeなどに横流しされるのが嫌だったら自分からアップロードして広告収入をえたら良いのにねぇ。まぁスポンサーとの関係とか色々な物事が絡んでるはずなので、ド素人のぼくが突っ込むことではないんですが。

 

個人レベルでいうと、未来のクリエイターは、間違いなくコンテンツを通した体験が価値になり、お金になっているはずです。だからYouTubeの広告ビジネスとか、すごくいいよね。視聴者はコンテンツを無料でみれて、クリエイターにもお金が入る。まさにWin-Winじゃないか!

 

「コンテンツにお金を払わなくなったら、食えなくなるクリエイターが出てきてしまうよ!」

という意見もありそうですが、そもそも音楽や絵・動画などのコンテンツって、生きていく上で必要のないものじゃないですか。だから、その価値を届けられないのであれば、お金がもらえないのは当然であると思うんですよね。

もし俺が

みやあき
ちょ!
おれブログ書いたからさ、1000円で買ってよ!!

って言っても、いやいや、あなたまだそんなに大層な文章書ける人じゃないでしょ、とか。そもそも1000円で買ってくれる人がいるほど、有名になれていないでしょ、とかとかなるもんね(笑)。

僕だったらこんな人に1000円払うより、食品工場で作業をしている人にお金を払いますよ。だって、その人たちがいなかったら、僕たちは生きていけないんですから。

 

もしベーシックインカムが実現すれば、コンテンツのあり方も変わりそうな気がするんですけどね。いつでも映画や音楽などのコンテンツが無料で扱えるようなになったら、世界はもっと良くなると思うのですが。

 

クリエイターはコンテンツを見てもらってなんぼ。その上で、体験をお金という価値にできるようなビジネスモデルを作らないといけない。

きっと多くのクリエイターはこのビジネスモデルが構築できていないから、お金のことで苦しむんでしょうね。さらに著作権だの権利で身を固めようとすると、返って逆効果になる。権利で自分を守ろうとすればするほど価値が下がるなんて、これほど愚かなことはないよね。

時代の流れを見極めて、どうやったら自分のコンテンツを知ってもらえるのか考えていきたいですね。僕はしばらくブログからコンテンツをワッサワサとばら撒いていきますよ!

SPONSORED LINK