ブロガーとYouTuberで大きく違う7つの点。収益や働き方、向き不向きなど!

ブロガーからみたYouTuberとの違いをまとめました。
SPONSORED LINK

どうもこんにちは、ブロガーのみやあき(@miyaaki_0731)でっす!

小学生の将来なりたい職業ランキングの3位にYouTuberがランクインするくらい、ここ数年でYouTubeの人気が爆発しましたよね。僕も暇さえあったらスマホでYouTube開いて見ちゃうくらい日常的に使ってます。

ここまでYouTuberという職業が広まったのもの、みんながインターネットでお金を稼げるんだということを知ったからでしょう。

これまでネットで稼ぐと言ったら怪しいイメージしかもっていなかった人でも、YouTuberを通してネットで(合法に)お金を稼げることを知ったことによって、だんだんと社会全体が「ネットで稼ぐことは悪いことじゃないんだな〜」というイメージが広まっていったように思います。

でもでも、YouTuberという言葉ができる前から"ブロガー"や"アフィリエイター"というネットでお金を稼いでいる人がいまして、今でもブログから得る収益で生活している人は多くいます。

ネットでお金を稼ぐという意味では同じの"YouTuber"と"ブロガー"ですが、この2つの違いってよくわかりませんよね。

ブロガーである僕自身もこの記事を書くまで、感覚ではわかっていても言葉で説明できませんでした。きっとYouTuberでもブロガーでもない人からしたら、この2つの違いは全くわからないでしょう。

そこで!ブロガーの僕からみた、YouTuberとブロガーで大きく違うところを7つに分けてまとめました。

SPONSORED LINK

ブロガー目線から見たYouTuberと大きく違う7つのこと

1.ブログはお悩み解決系、YouTubeは楽しませる系

お悩み解決するのがブロガーの役目です。

お悩み解決するのがブロガーの役目です。

まず、ブログとYouTubeには見る人(ユーザー)の目的が違います。そしてWebサイトで検索するワードと、YouTube上で検索するワードにも違いがあります。

YouTube上で検索されるのは、例えば「犬 可愛い」や「猫 びっくり」「好きなアーティストの曲名」といったワードで、多くの人が楽しませてくれる系の動画を求めてやってきます。

もしあなたが犬の可愛い動画を見たいのであれば、おそらくYouTube上で「犬 可愛い」や「犬 可愛い動画」と検索するでしょう。

逆にWebサイト上で検索されるのは、例えば「犬 病気」や「好きなアーティスト ライブ開催日」といったようなワードで、ユーザーは自分の悩み(知りたい情報)を解決してくれるページを求めてやってきます。

もしあなたが犬を飼っているとして、その犬が病気になりました。病気の原因が知りたい場合は、YouTubeではなくWebサイト上で「犬 病気 種類」といったようなワードで検索するはずです。

つまり、ブロガーは悩みを解決してあげる情報を記事にして、YouTuberは見てくれる人を楽しませる動画を作る、というのがお仕事です。

だから僕がいくらブログに「1000℃に熱した包丁でチョコレート切ってみた!」という記事を書いても、Webサイト上ではほぼ誰も検索しないので読まれないでしょうし、お金も稼げません。恥ずかしいだけです。

もちろんブログでも楽しませるエンタメ系の記事を書いて、見せ方や届け方を工夫するとお金を稼げる記事になります。逆にYouTubeの場合でも、お悩み解決系の動画を作ってお金を稼げるようにすることもできます。

が、そもそも"YouTube"と"Webサイト"では使う人の目的が違うので、ある程度のお金を稼ごうと思ったら利用者の目的に合わせる必要があります。

ちなみに、僕のこのブログもお悩み解決系が多くを占めていて、検索から来る人が全体の8割です。なのでお悩み解決系の記事が多いですね。

どちらにしても、それぞれのユーザー(利用者)に合わせたコンテンツ作りが求められます。

2.ブロガーもYouTuberも人気になれば企業とコラボできる

ブロガーもYouTuberもタイアップできます。

人気のYouTuberになると企業とのタイアップをよくしていて、最初の方に「○○企業とのタイアップです。」といったテロップが入る動画がありますよね。

タイアップとは、企業から報酬(商品やお金など)を受け取る代わりに、紹介する動画を作って欲しいとお願いされることです。コラボともいいますね。

実はこれ、ブロガーでも人気になれば企業とコラボしてPR制作できるんですよ。

僕も以前、企業からお願いされた形とは少し違いますが、タイアップさせていただいたときに記事を作ったことがあります。

当たって弾け飛べ!新感覚のバブルサッカーを最高に楽しんできた感想!

2016.05.25

他の人気ブロガーの方も、商品を企業から送ってもらってPR記事として紹介しているパターンはいくつかあります。

ブロガーでもYouTuberでも影響力のある人には美味しい話がくるのは同じですね。

3.ブロガーには事務所がない

YouTuberには事務所があります。

YouTuberにはUUUMなどの事務所があります。

いまYouTuberには事務所というのがあって、主に「UUUM」と「NestStage」「Genesisone」の3つが有名ですね。

でもブロガーには事務所がありません。僕が知らないだけなんてことはないと思います。もしあったら教えてください(笑)。

というのもおそらく、ブロガーの多くは個人で記事を書いていて、もし企業からPR記事の依頼が来たとしても、個人で取り引きをして制作するまでができるからでしょう。

これが人気YouTuberになると、いろんな会社からPR動画を作ってくれという依頼がきて対応が大変です。さらに1本の動画をつくるのに人が必要かもしれないし、費用がかかるかもしれません。そうなると個人でできる範囲を超えちゃいます。

そこで活躍するのが事務所なのですが、有名な「UUUM」では所属する代わりに、収益を20%取られるというデメリット?もあります。

だけどもサポートがしっかりしていて、事務所に所属すると映像に必要な素材の提供を受けられたり、クリエイター同士が繋がれたりするメリットがあります。

もしブロガーに事務所があったらと考えると…ただの溜まり場になりそうです(笑)。ブロガーたちは個人で繋がってるので大きな組織ができることはないと思います。

なにはともあれ、ブロガーもYouTuberも実力勝負!事務所もタイアップもそれからです。

4.働く場所と時間は自由に決められる

YouTuberもブロガーも働く場所にとらわれないので、スターバックスで作業もできあmす。

スタバでブログも書けます。

働く時間が自由に決められるというのは、ブロガーもYouTuberも同じじゃないでしょうか。

普通の企業に就職したら、だいたい9時〜18時の9時間(休憩も入れて)ですよね。しかも場所はオフィスしかいれない。

ブロガーとYouTuberは、いつコンテンツを作って、どこで働いてもオッケー。時間と場所に縛られない”フリーランス”や”ノマドワーカー”といったジャンルにも含まれると思います。

ただ時間を自由に決められるというのは、一見とても楽しそうで実はめっちゃ辛いんです。僕はブロガーになってかなり時間にルーズになりました(笑)。いかんいかんと毎日自分と戦ってます。

1記事、1動画つくるのにかかる時間は?

ブログを1記事作るのにかかる時間と、動画を1本作るのにかかる時間を紹介しています。

僕の場合、ブログ記事は2種類あって"検索から来た人へ向けた記事"と"検索から読まれなくてもいい記事"です。

前者の場合は平均して4〜5時間、後者の場合は1〜2時間といったところでしょうか。かなり幅があるので一概には言えませんが。

これがYouTuberになると、動画がアップロードされるまでにだいたい5〜7時間というのが平均みたいです。人によって様々みたいですけどね。

ブログ記事作りもYouTubeの動画作りも、一番大変なのは目に見えない企画や編集だったりします。

いまこうして読んでもらってる文字も、かなりの修正をしながら作ってます。YouTuberも同じじゃないですかね。

3分で読める記事や5分で見れる動画の裏で、クリエイターはかなり険しい顔をしながら作ってるはずです。

5.ブロガーはインドア派向き、YouTuberはアウトドア派向き

大地を高速で移動する。

インドアとか言いながら外でウェイウェイやってます。

次に向き不向きの話です。

僕が思うに、ブロガーの人はインドア派、YouTuberはアウトドア派というイメージがあります。というのも、僕自身がかなりインドア派だからです(笑)。

ブロガーは検索してきた人の悩みを解決するため、ネガティブな感情を拾う作業が多かれ少なかれあります。

なんで、孤独好きな人とか、人の悩みと向き合ってあげられる人が向いてる気がします。

逆にYouTubeは「面白ければオッケー!」というところがあるので、アウトドア向きで「ウェィー!!」ってはしゃげる人が向いてると思います。

でも前にYouTuberのヒカキンさんがテレビで、「YouTuberは動画の前では元気。だけど人と話すときは静かな人が多い印象ですね。」と言っていたんですよ。

なんで、おそらくブロガーもYouTuberも根本は一緒な気がします。その中で向き不向きにわけるなら、YouTuberはアウトドア派な人、ブログはアウトドア派な人といったところでしょうか。

6.収益モデルはブロガーの方が分散できる

YouTubeもブログも、主な収益源としてはGoogleAdsenseが有名です。広告が表示された回数やクリック数によって報酬が支払われると言ったものです。

収益モデルにはもう一つ、”成果報酬型”というのもあって、こちらは表示回数やクリック数ではなく、クリックした先で特定のアクションが行われた場合のみ収益が発生するモデルのものです。

成果報酬型の広告はブログのほうがやりやすいので、収益モデルの分散はブロガーのほうがしやすいように思えます。

ちなみに有名な成果報酬型広告はこの4つです。

  • A8.net
  • バリューマ
  • アクセストレード
  • Amazonアソシエイト
  • 成果報酬型には新規会員登録をすることで報酬が発生するものだったり、商品が注文されたらそのうち2割が収益になるものがほとんどです。

    広告を出すだけじゃなくその先でアクションを起こさせないといけないので難しいところではありますが、複数の収入源をもてるのはブロガーのメリットです。

    7.1再生数と1PVの単価が違う

    ブログの1PVとYouTubeの1再生あたりの平均収益。お金

    最後にお金の話になりますが、YouTubeで1再生されるのとブログで1ページ見られるのとでは平均単価が違います。

    YouTubeは動画を1再生するあたり、だいたい0.25〜0.05円と言われています。

    これがブログになるとちょっと上がって1PV(ページビュー)あたりだいたい0.3円〜低くても0.15円です。

    でもこれはおおよその単価にすぎません。人によってはYouTube動画1再生あたり0.5〜0.8円という人もいますし、ブログ1PVあたり1円という人もいます。

    ただ、YouTubeよりブログの方が単価を上げやすい傾向があります。

    ブログから複数の収益を分散させると、1PVに換算したときの平均収益が高くなります。これもブロガーのメリットですね。

    僕がYouTuberではなくブロガーになった理由

    なぜみやあきがブロガーになったのか

    僕がなぜYouTuberではなくブロガーになったのか。理由は簡単で、YouTuberよりブロガーに向いていると思ったからです(笑)。

    ほら、小さい頃に「サッカーと野球、どっちが好きだった?」みたいなのと似ていて、直感で自分はYouTuberではなくブロガー派だなと思ったのです。あ、ちなみに僕はサッカー派でした。

    それと、僕が内向的な性格だからと言うのもあるかもしれません。騒ぐのもすきだけど、みんなが騒ぐんだったら横でじっと座ってたいタイプ。

    「YouTuberも面白そうだな〜」とは思うけれど、まだYouTuberとしてやって行く方法がみつからないので当分はブロガーです(笑)。

    YouTubeは上に行くほど儲かるけれど、きっと「お金欲しいぜ!」みたいな動機付けで始めたって続かなくなるのが目に見えてるので、もっと"自分らしい形"をブログで身につけて見てから考えてみよと思います。

    僕は表舞台に立つのは好きだけど、大勢より少数で物事を進めて、みんなが楽しんでるのを裏でニヤリと微笑むのが小さいころから好きでした。そうした”表に出さないけど見て欲しい”みたいな所が、ブロガーに向いていたのかもしれません。

    以上、ブロガーから見たYouTuberとの違いでした!

    それじゃーね!

    SPONSORED LINK
ブロガーからみたYouTuberとの違いをまとめました。

いつもシェアありがとう!