ブログのデザインは8割でいい。こだわるところとこだわらない場所3つ。

ブログのデザインは8割が丁度良いよ!
SPONSORED LINK

僕の経験から、ブログのデザインにこだわりすぎてはいけない理由をまとめました。

SPONSORED LINK

デザインの本質は問題解決のためのツール

僕がWebデザインの専門学校で勉強していたときによく「デザインとはなんですか?」と聞かれる質問があったのですが、テンプレートのように「問題解決のためのツールです」と答えてました。

でも本当の意味で理解したのはここ最近。

実際にサイトを運営したことで、デザインにかけた時間がどれだけ結果に結びついてるのが身にしみて感じるようになりました。

そこから「あ、本当にデザインって問題解決のためのツールでしかないんだな」と気づいたんです。

やっぱりいくら言葉で理解したってダメですね。実際にやってみて失敗しないと気づけないことは多いです。

もう一度言いますが、デザインの本質は問題解決のためのツールです。決して見た目ではありません。

みやあき
あなたは僕の言葉を聞いただけだから、まだ本当の意味では理解してない!

なんてことは言いませんので、もうちょっとお話に付き合ってください。

見た目にこだわるのをやめたら直帰率が下がってPVが1.8倍になった

僕が使っているこのブログのデザインはとても洗礼されたものではあるんですが、どこか気に入らなかったんですよ。

みやあき.comのWebサイトです

前はデザインをかなりいじってました。

「文字の大きさが気に入らない」とか「ヘッダーの高さが足りない」とかとか、あれこれイジってるうちに余計なコードを量産してサイトの読み込み時間を遅くしていました。

このときの僕はただ、”見た目が気に入らない”というだけでデザインを弄っていたんです。

でも本来デザインというのは「文字が読みにくいから大きくする」や「ヘッダーが低くて目立たないから高くする」といったように、解決するべき悩みがあって、始めて手段が見つかります。

僕は解決すべき明確な目的がないままに、"デザイン"を弄っていたんですね。

で、最近アップデートが来てたので「これを機にデザインを一新してみるか!」と設定を戻したところ、なんと直帰率が60%下がってPVが1.8倍になりました。

俺の苦労は…なんだったんだ…ウッ(涙)。

でも、これこそデザインの本質です。

ブログはデザインよりコンテンツが大事

本当はブロガーも細部にこだわってサイトをデザインした方がいいんですよ。

使いやすくなるのはもちろん、とても綺麗なサイトになります。サイトが綺麗だとユーザーに「また来たいわ!」って思わせやすいくなるし、何より気持ちがいいです。

だけど、ヘッダーの隙間を1px修正するのに1日かけるほどの余裕があるブロガーって、おそらく少ないです。そんなのは0.1%くらいの人しか気にしません。

会社だったらこれを修正する専門のフロントエンドエンジニアさんがいるんでしょうけど、個人ブロガーは全て自分でやらなくちゃいけません。

そうなったとき、何がブログで一番大事かを考えたたら、紛れもなくコンテンツなんですよ。

どんなに綺麗なサイトであっても中身がスッカスカだと意味がありません。

スーパーのキャベツだって選ぶときに中身が詰まってるか持ち上げて確認しますよね。サイトに来る人(ユーザー)も、無意識のうちにコンテンツを見極めてるなと、アナリティクスを見てたらよくわかります。

だから細かいデザインにこだわるよりもコンテンツが大切なのです。

僕がブログのデザインに時間をかけるところ、かけないところ3つ

だからといってデザインを気にしないのはNG。どんなに美味い料理も見た目が悪かったら食べたくないですよね。ようは両方のバランスが大切なのですが、ブロガーの場合は比重がコンテンツ>>>デザインぐらいがちょうどいいのかなと思っています。

僕がブログのデザインでこだわってる場所とこだわらない場所を、具体的な例をあげながら3つご紹介します。

1.アイキャッチ画像には時間をかけない

僕はアイキャッチ画像には時間をかけません。

この二つの画像を比べてくだい。ひとつが初めて書いた記事用に作ったアイキャッチ画像で、もうひとつがこの記事に使っているアイキャッチ画像です。

青春18きっぷの使い方について紹介していきます。

みやあきブログで初めて描いた記事に使ったアイキャッチ画像です。

ブログのデザインは8割が丁度良いよ!

この記事で使ったアイキャッチ画像です。

どうでしょう。青春18きっぷの画像は僕的にお気に入りなんですが、制作時間は3時間〜4時間くらいかかったはずです。

アイキャッチ画像が見られるのはせいぜい2〜3秒くらいなので、こだわってもあまり効果がないんですよね。自己満足度は高いんだけど、コストパフォーマンスが悪すぎます。

一方この記事のアイキャッチ画像は、撮影から編集まで10分くらいで作りました。さっきの画像より綺麗さには劣るけど、役割としてはこれで十分です。

アイキャッチ画像は記事の内容がパッと伝わればそれでおっけー。そう思ってブログを運営してます。

2.文章にはこだわる

ブログを始めたころはそれほど意識しなかったけど、最近になって文章にはこだわるようになりました。

例えば、こんな文章だったらどうでしょう。

僕はこのブログを運営し始めたときはアイキャッチ画像にこだわっていましたが、しばらくするとアイキャッチ画像は大した効果を発揮しないことに気がついて、そこから少しずつ修正し、制作時間を削るようにしました。

なんかもう…言い回しが多くて読みたくないですよね(笑)。「句読点はどこいった!」とか「文章を区切れ!」って突っ込みたくなります。

でもブログを始めた頃ってこういう文章になりがちで、過去記事を振り返るといっぱいあると思います。修正していかなくちゃですね。

ブログにはブログなりの伝わりやすい文章の書き方がありますので、そこをしっかりデザインしていくよう心がけています。

3.ブログが読みやすくなるものはデザインする

あとはたとえ時間がかかっても、ブログが見やすくなるものはこだわってデザインします。

例えば今スマホでご覧になってる方は、画面の一番上にくっついてくるバーみたいなものがあるとおもうんですが、これがあることによってすぐに別のページに飛ぶことができるようになります。

ブログをスマホで見たときに上部にナビゲーションメニューが固定されてるほうがPVにも読者に優しいと思ったよ

2016.12.29

僕はプログラミングが苦手なので、この機能を追加するのは約4時間ほどかかりました。

でもこの機能があることで格段にブログが読みやすくなるんです。おかげでPVも上昇してます。

だからどれだけ時間がかかっても、ブログが読みやすくなる機能に関しては時間をかけるようにしています。

ブロガーはユーザーの満足度が高くなるものを優先してデザインしていく

僕は自分のブログをデザインするとき、必ず優先順位をつけています。

気に入らないと思ってもすぐ修正するんじゃなくて、「このデザインにどれだけ時間がかかるだろう」や「その機能は本当に役に立つのか?」と考えると、やるべきことがどうかが明確になります。

きっとデザインを勉強してきた人は"デザイナー視点"があるから、ブログを始めると気になるところがいっぱいあると思うんです。でも「一番大切なのはなんだろう?」と考えれば、そこまでこだわる必要がないことに気づくはずです。

専門の知識がなくても簡単なHTMLとCSSさえ使えれば変えられるところはたくさんあるので、ブログのデザインを変えたい人は勉強してみてください。

以上、僕なりに考える個人ブロガーとデザインについてのお話でした。

SPONSORED LINK
ブログのデザインは8割が丁度良いよ!

いつもシェアありがとう!