ブログの匿名と実名・顔出し

ブログを匿名か実名の顔出しでやるかで迷ったら、信頼できる方を選ぼう!

SPONSORED LINK


こんにちは。ブロガーのみやあきです!

これからブログを始めようと思っている皆さん!

みやあき
ブログを匿名でやるか、実名の顔出しでやるかって迷いますよね…。

僕はブログを始めてかれこれ3年目ですが、最初はやっぱり迷いましたね…。

匿名だと自分の個人情報が守られるので安心なんですが、実名でやったほうが人脈ができたり仕事の幅が広がったりとメリットもあるので、どっちも選び難いんですよね。

そんな「匿名or実名の顔出しか」で迷ったときは、どっちのほうが信頼できる情報を載せられるのかに焦点を当ててみましょう。

そうすればあなたにぴったりのやり方が見えてくるはずです。

SPONSORED LINK

1年くらい匿名でやっていました

僕は専門学校を中退してからブログを始めたんですが、最初の1年間は匿名でやっていました。

サイトは2つ作っていて、1つがアプリの使い方やノウハウをまとめたもの。そしてもう1つが、今と同じように自分の経験したことや考えたことを発信する個人ブログです。

で、なぜ匿名でやっていたかということなんですが、その理由は…

みやあき
みんなに見られるのが、恥ずかしかったからです壁|oノωノ) )))

当時の僕はまだ19歳。こんな自分がいっちょまえな発言をするなんてことにかなりの抵抗があったんです(笑)。

それと当時はよく「ブロガー = 過激じゃないとやっていけない」といった風潮があったんですよね。僕は人を批判したりするのが嫌いなんですが、当時はそんな流れだったというのもあり匿名で活動していました。

でも、匿名でやっていたおかげで自分の考えを恐れずに発信できるようになったのは1つの収穫ですね。批判ではなく、なにかを風刺したいときには、実名でやるのはちょっとリスクが伴いますから匿名でやれる1つのメリットです。

そのおかげで、今はどんな情報でもこうして実名で発信できるようになったのですから。言いたいことは言いますよ!もちろん言葉は選びますけどね。

僕が実名顔出しでやるようになった理由

それから1年ほどしてこの「みやあきブログ」を立ち上げ、現在までこうして実名の顔出しでやるようになったのですが、その理由はたったの1つです。

みやあき
実名の顔出しでやりたいと思ったから!

小学生みたいな回答でスイマセン(;’∀’)w。でも本当にこれだけで、理由なんて後付けなんですよ。

そんな後付けの理由をまとめると4つほど思い浮かびました。

  • 人脈を広げたかった
  • 仕事を増やしたかった
  • お金も稼ぎたかった
  • コンテンツに深みが欲しかった

特に最後の「コンテンツに深みを出したかった」というのは僕が実名でやり始めた大きな理由ですね。

匿名でやることの最大のデメリットは、誰が書いても同じ記事になってしまうことです。

例えば、いま僕がこうして書いているこの記事も、顔が写ってなかったら文字しかないので誰が書いても変わらないんですよ。

もちろん文脈や言葉遣いには僕の個性が現れていますが、ブログの文字は手書きじゃなくパソコンで誰もが打ち込めるデジタルの文字です。

こんなのは僕以外の人が書いたところで誰にも分かりません。コピーされても気づかないでしょうね。

だから僕はこうして顔出しをするだけでなく、実名で活動するようにもなりました。ほら、こうして僕の顔が見えるほうが、なんだか個性があっていいでしょ?(笑)。

顔出しのみやあき

初めてネットに顔を晒すのは勇気がいるかと思いますが、名前と名前が分かるだけでコンテンツの信憑性がまったく違ってくるのです。

信頼できるブログはどっちか?

それと、「顔と名前が分かるブログ」と「顔も名前もわからない、匿名のブログ」の2つを比較して、もしどちらにも同じような情報が載っていたとき、あなたならどちらの情報を欲しいと思いますかね。

もちろん匿名でも質の高いコンテンツを提供しているブログはありますが、多くの人が実名の顔出しでやっているブログからの情報を欲しがるでしょう。そりゃ自分を出すということは、発信する情報に責任を持つことですから当然ですよね。

僕が匿名でやっていたとき、どれだけ質の高い記事を作っても、僕自身がまったくその記事を読みたいと思わなかったんですよね…。自分が楽しめない記事を、果たして誰が楽しんで読んでくれるというのか。

それに今の時代、情報社会だなんだと言われていますが、情報なんてそこら中に溢れているんですよ。それはつまり、情報それ自体の価値がなくなっていることを表しています。

では、なにをもってその情報に価値が生まれるのか。

その答えは間違いなく、あなた自身の経験です。この要素が加わって初めて、あなたしか発信できない唯一無二の情報になり、そこに価値が生まれるのです。

実名の顔出しでやる上で気をつけたいこと

しかしながら、いきなり質の高いコンテンツなんて作れません(笑)。これはどのブロガーも経験していることですね。

そして、顔出しするとコンテンツの質が下がりやすいのでこれにも注意が必要です。

「人から見られている」という自己意識が、発信する情報のマイナスの影響を与えてしまうんですよね…。「かっこよく見られたい…」「可愛く見られたい…」「みんなによく見せたい…」などなど、そんなの読者は誰も気にしていないのに(;’∀’)w。

それと、個人情報の管理にも気をつけなくてはいけません。今はこれだけネットが一般化しているので、名前程度が漏れたところで心配する必要はないのですが、過激な発言をして炎上したりすると危ないですからね。

つまり、実名でやるにはそれだけのリスクがあるということです。それを補うくらいの気持ちとやる気と、信念みたいなものがないと難しいです。

最初は匿名で100本記事を書いてみよう

僕は「これからブログをやってみたいんです!」という初めての方には、まず匿名でもいいので記事を100本書いてみましょうというアドバイスをしています。

ほんと、最初はまったくといいほど誰も見にきませんから安心してください(;’∀’)w。僕は最初の1年間くらい、1万PVにも届かなかったんじゃないかな…。

ブログは学校にある教科書のような文章でも、書店に並ぶようなお堅い本のような文章でも読まれないんですよ。ここらへんの感覚は、どれだけ打席に立ったか、つまり記事数をこなしたかで鍛えられていくはずです。

ちなみに僕はこれまでに500本は書いてきましたが、ステップアップする感覚としてはこんな感じです。

  • 100記事・・・ようやくブログらしい文章が書けるようになってくる。
  • 200記事・・・マネタイズの方法を覚えて少しづつ収益が上がる
  • 300記事・・・実名の顔出しに挑戦しても平気なメンタルが身につく
  • 400記事・・・自分の経験をバンバンと発信できるようになる
  • 500記事・・・自分らしい文章が書けるようになる

僕はここまで3年間で、ようやく、ようやく、よくやく自分らし文章が書けるようになってきたんですよ…!!

おそらく匿名でやっていればもっと記事数をこなせるようになったかもしれないんですが、僕は自分の経験を発信したかったので実名でやることに意味があったんです。

読者から喜ばれたり、ときには批判されたりしながらようやくここまできました。

 

あなたがブログを通してやりたい”何か”があるのなら、迷わず恐れずに実名の顔出しで活動するべきです。

しかしまだ勇気がない、タイミングを見測りたいというのなら匿名で活動してもいいでしょう。

ちなみに、ブログを匿名から実名にするのは難しいので気をつけましょう。キャラとかコンセプトとか色々変わるでしょうからね。切り替えるときはゼロからやると思った方が、匿名で思いっきり書けるのでオススメです。

 

それでは、今のあなたにぴったりな方を選んで、さっそくブログを書き進めてみましょう!

それでわっ!読んでくれてありがとう(^-^)v。

SPONSORED LINK