キランとする人

死ぬ準備をするとたくさんの無駄に気づく。生きるために本当に必要で大切なものに時間を使おう

SPONSORED LINK

最近はもっぱら家の掃除をしているんですが、まぁ無駄なものが多いこと多いこと!

僕にとっては家族アルバムすらも、死ぬことを考えれば「場所を取るだけの紙切れ」だったので、全てデジタル化にしてしまいました。

家族アルバム

これ以外にも使わなくなった家具とか食器を捨てまくっております。ゴミ袋が足りなくなりそう。

そこで「俺らって死ぬ準備ができていないんだな」ってことに気づいたので、その気持ちを記事に残しておこうと思います。

みやあき
お前らーッ!!死ぬ準備はできてるかーッ!!!!
SPONSORED LINK

無駄なものに気づけない社会の仕組み。

社会レベルでも無駄なものはたくさんあるのですが、僕も含めてほとんどの人はこれに気づいていません。

めっちゃ変な例え話をしますが、ほら、牛丼屋さんってあるじゃないですか。吉野家とか、すき家とか、格安で食べられますよね。

牛丼屋さん

で、なぜ格安で食べられるのかというと、簡単に言えば従業員の給料が安いからです。

じゃあ牛丼の単価をあげればいいのかというと、大して味の変わりもしない牛丼にわざわざ高いお金を払う人なんていませんから、値段を上げるだけ客は減るのでその店は潰れるでしょう。

好きで牛丼を食べに行く人もいるでしょうが、ほとんどの人は安いから牛丼を食べているのであって、たとえ従業員の給料を上げられたとしても、1杯1500円の牛丼にすれば食べに行く人がグンッと減るのは明らかです。僕も1000円超えたらさすがに食べには行かないかな…。

で、もっと話を広げて、もし牛丼屋さんが潰れてしまったら僕らは生きていけなくなるのかというと、そんなはずないですよね(笑)。家でテキトーに飯食ってやり過ごしていくことができます。

つまりですね、牛丼屋さんはなくても困らない、というか究極的には必要がないわけです。だって、なくても生きていけるんですから。

むしろ、安い労働力で働かせている → 単価を上げたら店が潰れて社員を養えない → 安い値段で価格競争をする → それでもお金が欲しいから働く人がいる → 牛丼屋は生き残るという循環を生んでいるわけです。

本当にそのお店で働きたい人ではなくて、お金のために働かなくてはいけない人がいる世の中は素晴らしくないでしょう。

 

ここでしたいのは「牛丼屋が社会悪だ!」とか「安い給料で働く人が悪い!」とかそういう話ではありません。

ただ、普通に生活しているとこうした“社会の無駄な仕組み”にも気づけないので、なおさら自分の身の回りにある無駄にも気づけません。

気がついたときには「やりたいことも見つからないままおじいちゃんになってしまいました…(。・ε・。)」ということにもなりかねませんね。いや、死ぬときにようやく気づくのかも。

それじゃあ遅すぎるよねって話です。

無駄とは、生きて行くために必要かどうか。

個人的なレベルの無駄と社会的なものはちょっと違いますが、それでも共通しているのは「生きて行くために必要かどうか?」です。

それは僕の場合だと、つい1ヶ月くらい前までは着ることのない服を大量に持っていることでした。ほとんど家から出ない僕にとってこれらは明らかに無駄です。

それなのに「服をしまうケースがない!」とかいって、新しい収納ケースを買おうとしていたんです(笑)。ほんとアホですよw笑ってください(;’∀’)w

でも、「服を整理しなくてはいけない」とか「春夏秋冬で2着づつ持たなくちゃ…」みたいな普通の思考だと、「それって必要なの?無駄だったら捨てちゃえば?」ってところに気づかないんですね。

そんな無駄に囲まれていたら、大切なものが見えなくなるのは当然です。

今から死ぬのに、まだそれを持ってるの?

こうした無駄を捨てる一番の方法。

それは明日ではなく「いま死ぬとしても、それが必要か?」と自分に問いただすことです。

9割くらいは「No」です。でも感情を挟むと5割くらいになるので、「Yes」になったものをもう一度問いただして、本当に必要なものだけを選別するようにしています。

その結果、みてください。僕のクローゼットはこんなにシンプルになりました!

クローゼット

今ジーパンとTシャツ履いてるので、全部で9着くらいですかね。超スッキリしました。

そんな感じであらゆるものを捨てまくっています。ほんと、身の回りには無駄が多いですよ…。

リックサックとスーツケース

とりあえず、僕に必要なものはこのスーツケースとリュックサックがあれば収まると思います。もうどこにだって飛び立てるぜ!!

 

そんなもんですよ、生きるために必要なものというのは。

“物”なんてもんはどうせ死んだらぜんぶ手放すんだから、今のうちから必要なものだけに絞って、もっと大切なことに時間を注いで生きますぜよ。

そんな感じ!

そいでわっ!

SPONSORED LINK

キランとする人