adobe-photoshop-skechで描いた絵

「Adobe Photoshop Sketch」は下手でも”味のある絵”が描ける最高のアプリだ!【iPad Pro】

SPONSORED LINK


僕はパソコンが1台あるだけでだいたい人生に満足してるんですが、わざわざタブレットを購入したのには理由がありまして…

それは………ッ!!!

みやあき
デジタルなお絵描きをしてみたい!!!

そうなんですよ!!!

 

ブログをやってると、どうしても同じような画像ばっかしになるんですよね。僕の顔って変わらないし、フォントとかも見慣れてくるとなんだか飽きてしまうんです。

だからやっぱり、個性を出すには手作りが一番だなと。フォントを使うんじゃなくて、手書きの文字で画像を作ればもっと表現の幅が広がるんじゃないかと思いました。

そこでiPadProとPencilを買って、初めて使ってみたお絵かきアプリがこの「Adobe Photoshop Sketch」なんですが、絵が下手くそな僕でも”味のある絵”を書くことができました!

ということで、今回ちょっこら紹介してみます。このアプリ、使いこなすとかなりエグい作品が作れるみたいですよ。

 

ちなみに…

僕が初めて書いた絵がこちら。

マジ天才じゃね。

まぁ欲しい人いたら、10億くらいで売ってあげるよ。

☜ (◉◞౪◟◉) ☞ 

SPONSORED LINK

絵がヘタでも味のある絵が書ける!!

まずは僕みたいに「絵を描く知識なんてまったく持っていないよ!」って人は、下のように画像を薄くしてその上をなぞるように描くといいみたいですね。

アプリの操作はチュートリアルがあるので誰でもすぐ使えると思います。Adobeを触ったことのある人であれば直感でいけます。

 

そして最初に出来上がった絵がこちら!

この絵、かなり出来栄えとしては悪いですが、なんとなく”味のある絵”になっていますよね。

このアプリのすごいところはココで、たとえ写真を模写するだけでも、しっかりと味のある作品にしてくれるんですね!!

その主な理由としてペンが重なっているところに注目して欲しいんですが、意識していない色の重なり具合によって濃淡が生まれて、デジタルならではの味に仕上げてくれているんです。多分普通に描いてたら、こんなに綺麗な絵にはなっていないと思います(;’∀’)w。

 

そして次に描いた絵がこちら。まずはビフォー。僕の汚い机の上です。

そしてこちらがアフター。

相変わらず出来栄えはヒドイですが…それでも味がありますよね!!細かいことができない僕の性格とかいろんなものが出まくっている気がします(;’∀’)w。

こんな感じでですね、AdobeのPhotoshop Sketchを使うと、僕みたいに絵が下手くそな人であってもなんとなく味のある作品に仕上げることができるのです。

あとApple Pencilの使い心地も最高ですね。時間があったら一日中お絵かきをしたくなるぐらいなんとも言えないクセがあって心地いいです!

実は使いこなすとスゴいアプリ

ちなみに、このアプリを使いこなすとこんな素晴らしい作品たちが作れるようになるみたいです。

これは…間違いなく紙で描いても上手な人たちの絵ですね(;’∀’)w。それをデジタルで表現するとこんな仕上がりになるよ、ということでご参考までに!

 

あと個人的なところとしては、ファイル共有がしやすいことに魅力を感じました。

Adobeユーザーの方は、パソコンにそのまま転送することができます。時間にして10秒くらいで反映されます。

しかも1枚の画像としてじゃなくて、ちゃんとレイヤー別で送ってくれるんです。これには感激でしたね…!!

ただ、パソコンからiPadには直接送れないみたいで…ここはちょっと残念!

なので、iPadで描いた絵をパソコンにサクッと送って、そこで編集といったかたちが一番使いやすそうですね。

 

きっと10年後ぐらいの子供達は、こうやってiPadのようなタブレットを使ってお絵描きや勉強をするのが当たり前になるんでしょうねぇ…いやはやスゴイ時代だぜ。

紙もいいけれど、こうして触ってみたことでデジタルにしかない楽しさにハマる人もいるんじゃないかなと感じました。僕もこれからバシバシと活用していきたいと思いますぜ!

ということで、「Adobe Photoshop Sketch」を使ってみた感想でした。iPad Pro楽しいです!

そんじゃーね!!

SPONSORED LINK