新しい時代の働き方

「1つの会社で働き続けなくちゃいけない!」という精神はもう必要ないのだよベイベー。

SPONSORED LINK


もっと楽しく生きようぜ・・・特に若者よ!!

固定概念は取っ払っちゃった方が、人生は楽しめるんですよ。

SPONSORED LINK

「石の上にも3年」もいたら、たぶん足がもげちゃうよ。

僕の周りではそろそろ大学を卒業して、「いよいよ社会人だぜ!」みたいな人が増えてきました。ようやくですか、いらっしゃい!!

ただ大学生ってまだまだ固定概念を抱いている人が多いですよね。同じ年代で固まってたら仕方ないです。

「1つの会社に勤め上げる!」「俺は〇〇な人になる!」「信念を持って働かなくちゃいけない!」とかは、もやは今の時代に機能しません。やりたいことは、とっとと始めちゃいましょう。大学で学んだことを一生続けなくちゃいけない、なんてルールもありませんからね。

嫌になったら仕事辞めて、新しいこと始めたらいいんです。とにかくその時々で「これだっ(゚Д゚)!!」ってヒラメいた好きなことにトライし続ければいいんです。

石の上に3年もいたら、足がもげちゃうよ。

人との違いが、価値になる時代。

ということで、ホリエモンの多動力から引用。2年前の僕にこの言葉はピンときませんでしたが、今なら「なんて的確な文章なんだろう…」とため息をもらすレベルで納得できます。

最近は少しマシになったが、10年前は転職すらも、ネガティブに捉えられていたくらいだ。節操もなく動く人はこの国では尊敬されない。

メジャーリーガーのイチロー選手やサッカーの三浦知良選手のように、日本では1つのことを続けることが美学とされる。一方で、ACミランの本田圭佑選手のように、サッカー選手でありながら、経営をやったり、教育事業を手掛けたりすると、「本業をおろそかにしている」とたちまち批判されてしまう。

別に僕はイチロー選手やカズさんのような生き方を否定する気はない。しかし、繰り返すが、もはや産業ごとの壁がすべて崩壊していくのだ。

そんな時代に、イチロー選手やカズさんのような才能をもたない人が、1つの仕事にとらわれてしまっていては、価値あるものは生み出せなくなっていくだろう。

僕みたいな凡人に1つのことをやり続けることはできませんでした。でも、それでいいんだと教えてくれたんですよね。納得するまでにはほんと時間がかかりましたが…(;’∀’)w。

 

あなたがやろうとすることが人とは違うものであればあるほど、そこには価値が生まれます。なので周りに流されないようにしましょう。ワガママに生きましょう。自分なんて捨てて、本当にやりたいことにチャレンジしてみましょう。

誰かに合わせて同じようなことをしている限り、素晴らしいコンテンツは生み出せません。というか、普通に人生楽しくないからね。そんな生き方は幸せじゃない。

自分のやってることに自信を持って、とにかく始めてみましょうぜ。みんな同じことしかやってないから、俺はつまらないよ!!!(笑)

 

僕も余裕ができたら、みんなに「やりたい!」と思って貰えるようなことにトライしたいんですよね…!!成功するか失敗するかなんてどうでもいいので、あとはいつやるのかタイミングだけ見計らってます。

ということで、なにか挑戦するのが怖くなって自信をなくしたときは僕のところにまできてください!!毎日ブログで騒いでますんで、社会の荒波から逃れたいときのいい刺激になるかと思いますよ。

そいでわっ!まずは就活頑張れ!!!!

SPONSORED LINK